あなたは大丈夫?

電話をする女性

束縛がきつかったり、かまってちゃんになって、相手に「重い」と思われていませんか?

恋愛をしていると、自分の思い通りにしたくなるあまり、相手にとって「重い」と思われる行動をしてしまうことがあります。あなたは好きな人から「重い」と言われたことはありませんか?

今回はケータイにまつわる「重い」と思われるエピソードをまとめてみました。似たようなことをしたことがないか、過去の自分と照らし合わせてみましょう。

電話で重いと思われる行動

遠く離れていても、相手の声が聴ける電話は、カップルの仲を深めるために大事なコミュニケーションツールのひとつですが……。

「夜中に泣きながら電話してこないでほしい。たまにならまだ許せるけど、毎日のように掛けてこられると、昼に眠くて仕事が捗らず上司に怒られるようになった」

「電話を切ったのに、また掛けてくる。最初のうちはかわいいと思ってたけど、慣れてくるとただただウザい。電話に出なくなったらメールで責め立てるのも意味不明。電話を切った後に余韻に浸るなら、一人でやってくれ」

「電話越しに『死ぬ』と言われて彼女の家まで駆け付けたら、味を占めたのか、すぐ『死ぬ』と言うようになった。精神的に弱い私を演じて『死ぬ死ぬ詐欺』をやられると、こっちの精神も削られていくし、本当に精神疾患で苦しんでいる人に失礼」

「俺との電話は全部録音しているらしい。言った言ってないのケンカをしたときの証拠らしいが、怖いし信用されてない感じがする」