手堅い定期預金+億万長者への夢

宝くじ付き定期預金

ジャンボ宝くじは、定期預金で手に入れる?

確実に貯めておきたいお金は、やっぱり定期預金が安心! 元本保証で利子も付きます。預金保険の対象なので、預け入れた金融機関に万一のときは1000万円とその利子まで保障されます。こんな手堅さに、宝くじという億万長者への夢が景品として付いているのが、宝くじ付き定期預金です。

いくつかの銀行で取り扱っていますが、今回は、取扱い開始後13年で、なんと11人もの億万長者が誕生したスルガ銀行の「ジャンボ宝くじ付き定期預金」を紹介します。

当選祈願、宝くじ現物、購入場所に特徴

スルガ銀行の「ジャンボ宝くじ付き定期預金」には、宝くじについて、次のような特徴があります。
  • 宝くじの発売日に、銀行スタッフが静岡県三島市の三嶋大社に当選祈願。
  • 宝くじ現物が自宅に届く。
  • 宝くじの購入場所は、高額当選者が出ることで有名な宝くじ売り場「東京・西銀座チャンスセンター」

定期預金は期間3年の変動金利

定期預金として仕組みは次の通りです。
  • 期間3年の変動金利(半年ごとに金利が変更される)で自動継続。金利の水準は都市銀行のスーパー定期とほぼ同程度。
  • 預入れ金額は100万、300万円、600万円、900万円の4種類で一括預入れ
  • 利子は満期日以後に一括払い
  • また、総合口座にしておけば当座貸し越しが可能です。
預入金額100万なら、毎年ドリームジャンボ(5月発売)、年末ジャンボ(12月発売)が各5枚ずつ、3年間では合計30枚の宝くじが届きます。預入金額300万円なら、毎年ドリームジャンボ(5月発売)、サマージャンボ(7月発売)、年末ジャンボ(12月発売)が各10枚ずつ、3年間では合計90枚の宝くじが届きます。預入金額に応じて、もらえる宝くじの枚数が増えます。宝くじの種類は、連番、バラ、連番とバラ、通番から選ぶことができます。一度預け入れたら、3年間にわたって宝くじを受け取り、ワクワクできるというわけですね。原則として中途解約はできません。

取り扱いは、スルガ銀行の「ドリームダイレクト支店」「ANA支店」「ソネット支店」「OCN支店」。いずれもインターネット支店なので、住んでいる場所に関係なく、全国から申し込みができます。興味のある方はぜひチェックしてみましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。