お花を贈ることに決めたなら、母に好きな花の種類、色、鉢植えかブーケかバスケットか、好みを直接電話で聞きます。

その上でお花屋さんに行って、自分でお花を選び注文し、メッセージカードを添えてくれるよう頼みます。メッセージの内容は、その時々の感謝を込めた自分の気持でいいと思います。

この方法の良いところは、ハズレがないから母も花の処理に困らない、電話で会話をして元気な自分を報告する機会にもなる、というところでしょうか。母親と離れて暮らしている方、特に日々忙しくついつい連絡も取らない方にはおすすめです。

多くの母親はサプライズを求めているのではなく、常に子供達(いい大人になっているのですが……)の心配をしているものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。