小さいパーツから順番に

パーツごとにアイロンをかけます。
順番は、小さいパーツからかけると良いでしょう。

大きいパーツ(身ごろ)を先にかけてしまうと、
小さいパーツをかけている間にシワなってしまいます。

えり→肩身ごろ→そで→手首→前身ごろ→後身ごろ
の順番です。

■手首部分のアイロンのコツ
一番かけにくい手首のところは、
写真のように二つにおり、タックを整えてアイロンをかけます。
そで口からだいたい10センチくらいまでかけます。

ここはたたみジワができて良い場所です。
クリーニングにだした時にはここにはたたみジワがあります。
なので、ここにはたたみジワがあって大丈夫。
おもいきってアイロンをかけてください。

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。