この商品はTAMRONの60周年記念モデルです。初心者は、オールマイティーなレンズが良いかと思いました。

おすすめの理由

  • 軽い(450g)
    望遠は基本重量があります。重いと初心者では持ち運びが慣れません
  • 広角18mmから望遠270mmまで(※APS-C)
    一眼の醍醐味は、レンズを変えることなんですが、初心者が練習するには、1本のレンズを使いこなすほうが一番大事。そういう意味で広角から望遠までカバーするレンズはおすすめ。
  • 手ぶれ補正
    望遠になるほど手ぶれが大きくなります。新AF駆動方式「PZD(Piezo Drive)」と小型化されたVC(手ぶれ補正)により、ファインダーのなかで画像が手ぶれ補正され、固定されるのがわかります。
上下にレンズを向けての撮影では、注意が必要ですが、広角から望遠まで手ぶれが利くレンズは初心者の味方になってくれるはずです。

■TAMRON:18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008)
・価格:80000円(希望小売価格)
・URL:http://www.tamron.co.jp/lineup/b008/index.html



■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。