掃除機かけを週1に減らしたい!?

トップ

重い、うるさい、面倒。掃除機を使わずに掃除できないものかしら?

「掃除機かけ」って、意外に重労働。苦手な人、実は多いようです。掃除機を取り出して家中をかける際に、コードや本体があちこちにひっかかったり、ぶつかったり、狭い所に届かなかったりというストレスは、いろいろ工夫しても容易には改善されません。掃除機のタイプによっては、掃除することでホコリが舞い上がることもあるし、音だってうるさいから、できる時間が限られる。でも、家族が多かったり、小さな子がいれば、1日でも休むとたちまち床がホコリだらけ……。掃除機かけが週1回くらいだったら、ラクだろうな~。少しでもこのストレスから解放してくれるモノはないかしら?
 

「ルンバ」をレンタルしてみる

そこで挑戦してみたのが、人気のお掃除ロボット「ルンバ」のレンタル。ボタン一つで家中を掃除してくれるというお掃除ロボットの購入を検討されている人は、多いですね。しかし皆さん、なかなか手が出ない様子です。
「安いものじゃないし…」
「本当にキレイになるの?」
買ってから後悔するのはイヤですものね。そこでガイドが、レンタルサービスを利用して、5日だけ「ルンバ」のお試しをしてみましたよ!

アットサービス利用、ルンバ780 5泊 レンタル料3000円、往復配送料1000円


意外に大きい

ホーム

「ルンバ」がホームベースに戻ったところ。自分で充電するなんて賢い!

宅配便でやってきたのは、現行の上位機種「ルンバ780」。思ったより大きい印象です(直径35cm)。デザインがよく、スマートなイメージ。「本当にこれが掃除機?」設置してボタンを入れると、すでに充電されていたようで、軽快な電子音とともに、さっそくお掃除を開始しました。ん? 意外に音が大きい。寝ている赤ちゃんは起きちゃうかな?

 

ベッドの下は、「ルンバ」にお任せ!

テレビ台

テレビ台の下。こういう場所が得意!

くるくると動きながら、「ルンバ」は床を掃除していきます。椅子やテーブルの脚などは、巧みに回避し、無用な衝突を予め避けるように、センサーが働いているようです。丸い「ルンバ」ですが、触手のような細いブラシで壁際のごみを掻き出し、吸い込んでいきます。子供たちは、回るルンバを「かわいい!」と大喜び。ソファや本棚の下といった狭い空間にもスイスイ入っていきます。特に、奥行きがあって普通の掃除機が届かないベッド下は、「ルンバ」の独壇場ですね。


「ルンバ」が階段から落ちないために

ナビ

付属の「お部屋ナビ」(780)。ルンバを誘導・コントロールする司令塔

我が家はバリアフリー設計なので、段差がほとんどありません。しかし、玄関のたたき部分(石素材)、ウエットなこともある浴室には入ってほしくない。こんな時は、付属の「お部屋ナビ」(780の場合)をその前に置くことで、「バーチャルウォール(仮想の壁)」が形成され、「ルンバ」の侵入を防いでくれます。階段前などに置けば、「ルンバ」の転落を防止することもできます。この「お部屋ナビ」はモードを変えると「ライトハウス(灯台)」という機能を発揮し、複数の部屋を順番に掃除するなど、「ルンバ」の行動を制御する機能があります。