動く被写体にもしっかりオートフォーカスが追従

デジタル一眼を使ったフルハイビジョン撮影の醍醐味は、レンズ交換によってさまざまな映像表現が繰り出せること。その反面、一般的なビデオカメラのような被写体の動きに追従するピント合わせは不得意でした。

STMを搭載した高倍率標準ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」付きのレンズキットも用意

STMを搭載した高倍率標準ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」付きのレンズキットも用意

しかしEOS Kiss X6iなら、前述のハイブリッドCMOS AFにより動く被写体に自動でピントを合わせ続ける動画サーボAFを実現。素早く高精度なピント合わせを可能にしています。さらに、新開発のステッピングモーター「STM」を搭載した「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」を装着すれば、よりスムーズで静かなサーボAFを実現できます。

 

バリアングル液晶で撮影スタイルも自由自在

バリアングル液晶

バリアングル液晶

前モデルの「EOS Kiss X5」でも好評だったバリアングル液晶をEOS Kiss X6iも採用。ロー&ハイアングル撮影が自由自在に行えるほか、サイドに液晶モニターを構えたビデオカメラチックな撮影スタイルも簡単にできます。またEOSシリーズでは初のステレオマイクを内蔵。被写体に合わせた音の動きも高音質で記録できます。

 

こんな人にお勧めです!

キット内容

キット内容

もともとエントリークラスのデジタル一眼は、スマホやコンパクトデジカメからのステップアップ機のジャンルに位置づけられていましたが、このEOS Kiss X6iは単なる一眼初心者向けではなく、よりクリエイティブで実用的な動画撮影をこなしたいという、新たなユーザーをも引き込む魅力を持ったモデルといえるでしょう。

 
もちろん、まったくカメラに触ったことがない奥様やお子様に突然渡しても、撮影モードをシーンクリエイティブオートに設定すれば、カメラを被写体に向けてシャッターを押すだけで、キレイな写真を撮ることができます。

家族共用で使えて、しかも動画撮影もおまかせ。フレキシブルにデジタル一眼を使いこなしたい人にお勧めの1台です。


【関連記事】
Canon EOS Kiss X6i 実写画像

【関連サイト】
Canon EOS Kiss X6i



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。