第1位 ワイヤレスでの映像転送が便利
キヤノン iVIS HF M52

キヤノン『iVIS HF M52』

キヤノン iVIS HF M52


キヤノンのフラグシップ機が、このHF M52です。従来からある「こだわりオート」や手ブレ補正機能が強化され、使いやすくアップされているなどは、必然のことです。このHF M52の素晴らしい機能は、無線LANを利用し、ケーブルレスで映像を転送できることです。

たとえば、TVやパソコンに無線LANを利用して映像を転送して再生できます。面倒なケーブル接続が無いので、いつでも映像を再生して楽しめます。

また、 iPadやiPhone用のアプリが無償で提供されています。これを利用すると、ビデオカメラから iPadやiPhoneに映像を送り、これらのデバイスで映像を楽しめるのです。しかも、無線LANを利用しているので、ケーブル接続は必要ありません。

筆者の場合、HF M52の映像を無線で iPadに転送し、ここでビデオ編集を行っています。編集した映像は、そのまま iPadからYouTubeやFacebookにアップロードし、多くの友人と映像を共有してます。

このほか、先に触れたこだわりオートなどの機能に加え、手ブレ補正機能の強化、暗いところでも明るくキレイに撮れるセンサーを採用するなど、機能的にも申し分ありません。

とくに、フラグシップに位置づけられるのに、各種設定操作のボタンなどがほとんど無いのもポイントアップしています。面倒な操作は自動におまかせし、最小限の設定だけできれいな映像が楽しめるのです。



【関連サイト】
パナソニック V700M、V600M
ソニー HDR-PJ760V
JVCケンウッド GZ-V570
ソニー HDR-GW77V
キヤノン iVIS HF M52


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。