7. エンバシー・スイーツ・ワイキキ・ビーチ・ウォーク

リビングとベッドルームが独立した全室スイートが特徴

リビングとベッドルームが独立した全室スイートが特徴

50店ものショップ&レストランが並ぶ複合施設「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」の一角にある全室スイートタイプのホテル。食事や買い物に便利で、ビーチへも1ブロックという抜群のロケーション。暮らすように滞在できるカジュアルなホテルです。

全室スイートだからゆったりステイ

リビングが独立しているから、子供が寝た後、テレビを見ながら寛ぐことができる

リビングが独立しているから、子供が寝た後、テレビを見ながら寛ぐことができる

エンバシー・スイーツの客室は、1ベッドルーム(広さ38~51平方メートル、定員4名)と2ベッドルーム(69~72平方メートル、定員6名)の2タイプ。リビングとベッドルームが独立したゆとりの間取りに、小さな流しと湯沸しポット、電子レンジ付きのウエットバーを完備。部屋で食事ができるよう、ダイニングテーブルも置かれています。

1ベッドルームのベッドルーム

1ベッドルームのベッドルーム

ベッドは、キングサイズ1台、または、クイーンサイズ2台がリクエストできて、リビングのソファもソファべッドとして利用可能。クイーンサイズなら、小学生のお子さんと一緒に寝ても十分な広さでしょう。なお、18歳までの子供はファミリープランが適用されるため、定員4名の1ベッドルームの場合、大人2名+子供2名(または大人1名+子供3名)まで追加料金なしで利用できます。大人3人目からは、1人につき60ドルの追加料金が発生しますが、エキストラベッドの貸し出しを行っていないため、ほかのホテルに比べてリーズナブルな料金設定になっています。

リゾートフィなし! 朝食付きでコスパの高さは抜群

和食も登場する朝食ブッフェ。好きな具入りのオムレツをその場で調理ししてくれる

和食も登場する朝食ブッフェ。好きな具入りのオムレツをその場で調理ししてくれる

最近ハワイでは、宿泊料金のほかに、国内通話や室内金庫、高速インターネット料金などが利用できるリゾートフィを加算するホテルが増えていますが、エンバシー・スイーツでは加算はなし。さらに、高速インターネット、アメリカ国内通話、室内金庫のほか、フィットネスセンター、朝食ブッフェ、ハワイアンミュージックを鑑賞しながらアルコールが楽しめるイブニングレセプションもすべて無料で利用できます。

子供用プールも併設

広々としたプールエリア

広々としたプールエリア

4階にあるプール&サンデッキは、広々としてビーチベッドの数も十分。プールの一部を仕切り、キッズ用プールとジャグジーを設けています。温水プールなので、日陰になる時間帯や日が傾いた夕方でも遊ぶことができますよ。

<その他子連れ情報>
各部屋に可動式シャワー。コインランドリーは24時間利用可能(有料)。日本語対応サービスあり。


詳しいホテル紹介記事はこちら>>>エンバシー・スイーツ ・ワイキキ・ビーチ・ウォーク


ラグジュアリーホテルからエコノミーホテルまで、ホノルルのホテルは多彩です。子連れならではのホテル選びのポイントはこちらでチェック>>>子連れハワイのホテル選び
保存保存
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。