夫の気持ちがわからないと、協議離婚も難しくなる

「別れよう」という夫の言葉は本心からのもの? 離婚を決める前にもう一度、しっかり確かめてみましょう

「別れよう」という夫の言葉は本心からのもの? 離婚を決める前にもう一度、しっかり確かめてみましょう

協議離婚とは、夫婦が話し合って離婚を決めること。もしも「もう夫婦としてやっていかれない」と思ったとき、協議離婚という形を望むのであれば、別れへ向けてお互いの合意が必要になります。

たとえ妻が真剣に別れたいと決意していても、夫にまったくその気がなかったり、条件が折り合わなかったりする場合は、協議離婚は難しくなります。ゆっくりと時間をかけて戦略を立てて合意を目指すか、調停や裁判などの方法で離婚を進めていくことになります。

まずは自分の本当の気持ちを確かめて

まずここで大切になるのは、「自分は本当に別れたいのか?」ということ。あやふやな気持ちで離婚に踏み切るのは、おすすめできません。

たとえば、ときどきあるケースとして、他人の言葉を聞き入れ過ぎてしまう人がいます。夫婦の悩みが生じたとき、周りの人に相談したり意見を聞いたりするのは当然のことです。ただし、本人の事情を誤って解釈する人や自分の尺度で考える人の話ばかりを聞いていては、振り回されるばかりでしょう。

なぜ離婚しようと思ったのか、結婚生活にどのような幸せを求めているのか? 自分自身で真剣に考えて、気持ちを整理してから離婚という決断をするほうが、後悔はありません。夫や周りの人があっての自分ではなく、自分自身が存在理由を持つ人間として、主体的に生きていくことが必要なのです。

夫に修復のチャンスを与えることも大事!

夫が妻との結婚生活を「もう一度やり直したい」と思っているとしたら、どうでしょう?

この場合は、その後の夫婦生活でしっかりと幸せになるためにも、夫の気持ちが本心かどうかを確実に見極めることが重要なポイントになります。夫に修復のチャンスを与えることは妻にとっても大事なターニングポイント。急いで離婚を決めるよりも、危機を乗り越えて修復をした夫婦に訪れる幸せは格別のものがあるからです。

そこで、修復を願う夫の本音を確かめるための3つのポイントについてお話ししましょう。


夫の気持ちを確かめるポイント1:責任を自覚しているか?

浮気や借金、暴力など、明らかに夫側に原因がある場合、まずは夫が「自分の責任で離婚の危機を迎えてしまった」という自覚、反省があるかどうかが重要なポイントになります。

たとえば、責任の所在の話をしたときに、心から責任を感じて謝罪してきたり、反省の態度を示したりしているときは、修復の可能性があると思っていいでしょう。このとき「お前もいけなかったんだ」などと平気で妻に責任を転嫁してくるようであれば、前向きに話し合いを進めるのは難しいケースがほとんど。修復するにも離婚を決めるにも、まずは自分の非を認めさせるところからのスタートになります。

夫の気持ちを確かめるポイント2:話し合いに応じる気持ちはあるか?

離婚の話は、当然のことながら誰にとってもネガティブな気持ちになる、デリケートなもの。明るい話題ではないために、どうしても積極的にする気になれないのは仕方がないことです。ですが、現実的な問題として、話し合いは避けては通れません。

夫にこれからの結婚生活についての話し合いを持ちかけてみて、応じるようであれば、修復または離婚といった新しい展開を受け入れる心の準備がある証拠。お互いの幸せのために建設的な話し合いのチャンスの可能性があります。

反対に、話し合いから逃げようとするようなら、たとえやり直したいという気持ちがあっても伝わらないことを知らせましょう。なしくずし的に元のさやにおさめようとする姿勢は、似たようなトラブルを繰り返すもとです。

夫の気持ちを確かめるポイント3:依存されていないか?

夫が妻に「別れたくない」と言う場合、もっとも多くは「楽しかった昔のような関係に戻りたい」という気持ちが根底にあります。その気持ちが本物であれば、そして妻も同様に思っているのであれば、修復するまでに時間はかからないでしょう。

ところが、ときどきあるパターンとして、離婚を望まない理由に「妻がいなければ自分の暮らしが成り立たない」という自分本位のものがあります。「ひとりでは食事をつくれない」「家の中の何がどこにあるのかわからない」といった、生活が不便になることを恐れる身勝手な気持ちからくるものです。

この場合、なぜ別れたくないのかをとことん聞いてみることで本音が明らかになるケースもあります。

プロのカウセンリングを夫婦で受けるという方法も

離婚に限らず、多くの相談事は当事者である双方から言い分を聞くのが基本です。ですから、知り合いや友人よりも、離婚相談のプロである私たちに話してもらったほうがお互いの本音がわかる場合も多いのです。

夫婦が一緒にプロのカウンセリングを受けたり、専門家に間に入ってもらったりすることは、カウンセラーという通訳を通して気持ちを伝え合うことでもあります。大切なのは、夫婦がお互いに、自分にも相手にも本音で向き合うということ。幸せになるための正しい選択をするためにできることは、たくさんあるといえるでしょう。

【関連記事】
そろそろ離婚?ベストなタイミングの見極め方
実録!「産後クライシス」で悩む妻たち
離婚前提で生活?「離婚約」のメリット・デメリット
離婚の危機を乗り越えられる夫婦の3つの特徴
夫からの突然の離婚宣言!その理由は?
離婚回避!40代セックスレス問題はどう解決?
浮気&DV対策の公正証書と早期離婚のための裁判方法


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。