高画素化で気になる暗所性能は……?

D3200 ISO3200画像

ISO3200からの等倍切り出し画像。色ノイズも出ておらず充分に使える印象です。

さて、気になる画質です。さすがに2400万画素クラスともなると、その解像度は相当なものです。

1400万画素のD3100、1600万画素のD5100、そしてライバル機となるEOS Kiss X5の1800万画素をもはるかに超える高精細さであるのは間違いありません。特に大判でプリントしたときにこの高精細さは実際の差として出てくると感じられました。

高画素化による不安要素のひとつとして挙げられる暗所性能ですが、ISO3200までは「使える」と感じました。ISO6400、H(ISO12800)は非常用といったところでしょう。ただ、ISO6400は縮小を前提とするのであればディテールもそこそこ残っていて、使えるレベルにあると言ってもいいでしょう。

今回、使っていて画質面において気に入ったのはオートホワイトバランスが多くのシーンで的確に働いていることでした。実写画像で何枚か花の画像を撮影していますが、バラやヒナギクはもちろん、微妙な色合いになりがちな紫の花までしっかりと描写できています。

ただ、前述したようにキットレンズの「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR」が力不足に感じられることがいくつかのシーンでありました。ここぞという撮影シーンでは、できればDX NIKKOR 35mm F1.8Gなどの単焦点レンズを用いたいところです。


初心者には嬉しいガイドモード

D3200 ガイドモード

ガイドモードは「こんな撮影がしたい」「こういった設定にしたい」といったノウハウを教えてくれます。

D3200には初心者向けの「ガイドモード」というものが搭載されています。

これは前々機種となるD3000から搭載されたもので、はじめてデジタル一眼レフに触れるユーザーにも簡単にテクニックを使った撮影ができるように設定をしてくれるという機能です。モードダイヤルを「GUIDE」に合わせると、ガイドモードに入ることができます。

 
ガイドモードは初心者にありがちな「こういうことがしたいけど、どうすればいいのか分からない」というシチュエーションにうまくハマってくれる機能となっています。

たとえば背景をボカして撮影したい場合、つまり被写界深度(用語解説)を浅くしたい場合にF値を変更できる「絞り優先モード」に自動的に変更し、かつ実際にF値を小さくしたときにどのように背景がボケるのかを見せてくれるといった具合です。