2012年、お笑いの分野で個人的に注目しているのは、彼らです。

タイムマシーン3号

理由:いまだ一般にあまり知られていない最後の実力派コンビといえるのではないかと思います。NHKのオンバトプラスで二代目チャンピオンの称号をようやく手にし、波に乗っているのでこの調子でメジャーな大会の「THE MANZAI」で決勝に残れば優勝するチャンスも十分ありますし、キャラクターも良いので、大ブレイクする可能性もあるように思います。
>>タイムマシーン3号


THE GEESE

理由:ここ数年、最も力をつけてきたコンビの一つで、シュールというのとは違いますが、かなり実験的でコントの新しい可能性に挑戦しつづけていて好感が持てます。まだネタの精度にバラつきがありますが、ポテンシャルがある将来の有望株といった印象があります。
>>THE GEESE


バイきんぐ

理由:ここ1、2年でメキメキ実力を付けてきた若手のコンビで強面のキャラからは全く想像できないのですが、実はある種知的で繊細さもあり、また言葉のチョイスが抜群に上手くセンスが光っています。演技も達者で脚本の構成も完成度が高いので、まだ時に荒っぽすぎる点を差し引いてもキングオブコントで近い将来優勝する可能性が十分にある伸び盛りのコンビです。
>>バイきんぐ


ニッチェ

理由:以前別の質問の時詳しくご紹介しました(詳細はコチラ)。若手女性コンビの中では実力が頭抜けていて、演技力と歌ネタでの歌唱力はピカイチです。活躍の場が少ないので大きい大会で結果を残せば大ブレイクしてもおかしくはないと思います。


2012年は芸人ブームも収束してネタ見せ番組が大幅に減ったこと、そして島田伸介さんが芸能界引退後の司会者の座を巡る争いが本格化、というのが注目点ではないかと思います。

芸人の数が飽和しているので、くりぃむしちゅーの上田晋也さんや今田耕司さんのように本格的な司会者業にシフトしていく方、チュートリアルの徳井義実さんやネプチューンの原田泰造さんのように俳優業に力を入れていく方、南海キャンディーズのしずちゃんや猫ひろしさんのように自分のやりたいことに活動の場を広げていく方など、芸人活動を軸に他のジャンルへ流動化が進みお笑い以外のいろいろな場で注目を集める芸人さんが増えるように思えます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。