牛乳パックの流しそうめんの樋の作り方

 

 

牛乳パックを使って、流しそうめんの樋を作った事があります。パックは良く洗って、縦に切り、断面が三角形になるように繋げます。接合にはガムテープやホチキスを使います。

樋を支える台や支柱は木の積み木や、お菓子の空き缶を使いました。以外にしっかりしたものになり、使用中に水漏れや、台が倒れた事はありません。水を吸った牛乳パックは弱くなるので、1回使ったら捨てます。

写真の左側からペットボトルで水を流しながら、そうめんを少しずつ落として行きます。

室内に突然あらわれた流しそうめんに、子供は大興奮でした。




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。