我が家は無理やり「数えの3歳」と「満5歳」のお祝いをしました。満5歳とはいっても早生まれのため、ほぼ6歳……。

羽織袴は普通サイズでは小さいことがわかっていたことと、レンタルでは無地のものが少ないor非常に高いとわかっていたので予め購入しました。……とはいっても、たんす屋という着物リサイクル店で購入したため、一揃いで2万円以下(すべて新品で、草履や懐剣などもついています)。デパート併設の写真館などではレンタルで7万円(ポリエステルでも!)だったりするので、安く感じました。3歳の子は、手持ちの着物を仕立て直したりしました。

美装着付け、写真、会食(10名ほど)、人力車に乗りたいというニーズに応えられるところということで、湯本富士屋ホテルの七五三プランを利用しました。

5歳の子は自分たちで着付けしたため無料。(着替え部屋を用意して下さいました)3歳の子は丸帯だったので、少々着付けにプラスアップかかりました。ちなみに子供と一緒に大人の美装、着付けも対応してもらえます。山野愛子美容室なので、着付けの技術は高いと思いますよ。

人力車や写真館で撮影した後は、ホテルの無料バスで箱根神社か二宮報徳神社に送迎してもらえます。紅葉の季節で渋滞がすごいので、報徳神社のほうが移動はスムーズでしょう。その後、個室でゆっくりと会食。子供はプレートを提供してもらえます。予想以上にフレンチのコースが美味しく盛り上がりました。

ホテルの七五三プランは、キッズスタジオや近場で済ませるよりも高いとは思いますが、きちんと担当コンシェルジェがついて、あれこれ手配してくれたり、ホテルならではのサービス、食事が楽しめる、会食の場への移動などがないことを考えると、むしろ便利で安かったな~と感じています。唯一のネックは、写真館の写真データが入手しにくいことでしょうか。(全データを、1点あたり数万円で買い取るため)

ちなみに、購入した着物や親の美粧代など諸々込みで総予算は20万円いかなかったと思います。会食10人分がなければ10万円で収まったかもしれません。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。