モダン&エレガントがキーテーマ
l o v e BLACK 収納 & インテリア」のLOVEさん宅


シンプルだけど、エレガント。こんな部屋なら、きっと素敵なレディが育つはず?!

シンプルだけど、エレガント。こんな部屋なら、きっと素敵なレディが育つはず?!


とかく「キュートに」仕上げてしまいがちな子供部屋。でも、お家全体をシックにまとめている場合、子供部屋だけテイストがかけ離れ、家具や雑貨を共用できない……という悩みにも陥りがち。そこで参考にしたいのが、「l o v e BLACK 収納 & インテリア」のインテリア術です。

家具類はホワイトで統一。中に飾るものなども基本的にはモノトーン。

家具類はホワイトで統一。中に飾るものなども基本的にはモノトーン


LOVEさんのお宅はモノトーンを基調に、エレガントに仕上げるのがモットー。100円ショップなどを活用しながらテイストに合ったものを厳選し、雰囲気をこわさないようなトータルコーディネートがなされています。「100円ショップ」「無印良品」「フランフラン」「IKEA」といった購入先、そして「子供部屋」「キッチン」といった場所別にきめ細かくタグ付けされているLOVEさんのブログは、オシャレでありながら実用性もあり、ヘタな収納本を読むよりも参考になります。

キャビネットの中身の差し色を変えるだけで、部屋の印象がグッと変わる

キャビネットの差し色を変えるだけで、部屋の印象がグッと変わるのが、一番上の写真と比べるとよくわかる


子供部屋は大きなキャビネットがひとつのメインプレイス。余裕を持ってものを置き、模様替えの際は置くものの色を変更することで、部屋全体のイメージがガラッと変わります。モノトーンがベースとはいえ、ときにはティファニーブルーをキーカラーにしたり、イミテーショングリーンをアクセントにしたり……。見せるものと隠すものをはっきりと分けることで、トータルコーディネートが楽になるのかもしれません。

ときにはイミテーショングリーンを「差し色」に

ときにはグリーンを「差し色」に


周囲がシンプルな分、ぬいぐるみの存在感が際立つ

周囲がシンプルな分、ぬいぐるみの存在感が際立つ


ちなみにキャビネットに置いてある白いレザーボックスの中には、キャンドルホルダーなどの割れ物を収納しているそう。お子さんはリビングで勉強、学用品などもリビング内のキャビネットを中心に収納していることで、実現しているこのスッキリ感。

「子供部屋には子供のもの、リビングには生活用品」と決めつけない収納術は、ある意味とても機能的なのかもしれないと思えました。


気になるブログはこちらから!

l o v e BLACK 収納 & インテリア


>> 和室がナチュラルテイストの子供部屋に変身!