鞄が小さい事の心地良さ

ミニブリーフ05

実際に持ってみると、そのコンパクトさ、収まりの良さが分かる

この「A114」は、持ち歩いていると、その快適さに気がつきます。まず、両手を空けたい時、把手を腕に引っ掛けるのですが、元々小さいので、収納力があるといってもそれほど重くないため、思った以上に引っ掛けた腕の負担が軽い。また、例えば電車でつり革につかまっている時、腕に引っ掛けて、その腕でつり革を持っても、大して邪魔になりません。これは、トイレに行く時も同様でした。電車に座って膝の上に鞄を置いても、両隣の迷惑になりませんし、中も全体が見渡せて、モノの出し入れも楽です。
ミニブリーフ06

中にあるマチ付きのポケットは深さ、マチ共に十分で、文庫本などを余裕で収納できる

さらに、入れられるモノが限られるせいか、中には厳選された、どうしても持ち歩きたいものだけが入っています。その凝縮感も魅力ですし、入っているものを探すのも簡単。上ファスナーという構造も、内部のマチ付きのポケットも、電車の中や歩きながらのモノの出し入れに適した構造です。特に、マチ付きのポケットは、文庫本を縦に入れられる深さもあって、頻繁に出し入れしたいものの収納にとても便利。ガイド納富は、そこに文庫本や名刺入れ、ペンケースやポケットwifiなどを入れています。

ガイド納富の「こだわりチェック」

ミニブリーフ07

革の質、細部まで丁寧な縫製など、普通の鞄としても秀逸な出来

柔らかいけれど、厚みがあって頼もしい革の肌触りが、9450円で手に入るというのも魅力。しっかりと縫製されたハンドル部分、大きめの把手がついたファスナーは開閉がスムーズにできるようになっているし、鞄のエッジの部分は絶妙に丸くなっていて、鞄としての出来も上々。こんな風に、ちゃんとしている小さな鞄が欲しかったと、入手してから、ようやく気がついたガイド納富ですが、鞄というものは、結構、そういうものだと思うのです。頭で考えて、自分が今使いたい鞄に辿り着くのは難しいのでしょう。使ってみて初めて、自分が何を求めていたかが分かる、そういうものなのだと思うのです。

ただ問題は、普通にA4サイズの書類を持ち歩かなければならない時は、この鞄が使えません。何だか、やたらと気に入ってしまって、本当の所は毎日でも持ち歩きたいところですが……。とりあえず、散歩には必ず持って行き、旅行の時も、旅行カバンの中に忍ばせておこうと考えています。最小限の荷物を持ち歩く、という事も気持ちいいのでしょう。

【関連リンク】
トライオンのホームページはこちら
トライオンの鞄のガイド記事はこちら

【最近の記事】
持ち歩きやすさと扱いやすさを両立させた旅持ち茶器
名作が多い2012年春、特に気になったグッズ4選
Phone4Sケース・ベスト5 2012年春編
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。