野球用のグローブはヘビーデューティーな革製品

TRION「A119 BLACK」23,100円(税込)

TRIONは、元々、野球用のグローブを作っていたメーカーによる鞄製品のブランド名。メジャーリーグで使われるグローブのOEMも行っていると言うグローブに関しては名門と言ってもよいメーカーなのだそうだ。そのTRIONの鞄には、確かに懐かしい香りを纏っていて、しかも、しっかりとした耐久性を感じます。

考えてみれば、野球のグローブは、あの堅い硬球を受け止めて何十試合と使われるもの。それでいて、重過ぎてはプレイに差し支えるのですから、その強靭さ耐久性と重さのバランスがとれた革製品の名作です。その革と技術がビジネスバッグに応用されているのですから、それだけでも期待が高まります。

スリムなのに三層構造の縦型A4ブリーフケース

基本は上開きのトートタイプだが、サイドのファスナーを外すと広く開く

TRIONは、シンプルながらもサイズや機能などのバリエーションが様々な製品がラインアップされています。その中でガイド納富が最も気に入ったのが、A4縦型で三層構造になっているブリーフバッグ「A119」です。ファイルや書類が出し入れしやすく、曲がり難く、電車でも場所を取らず、持った姿もスマートで、カバン自体もスッキリ見えるなど、メリットが多い縦型ブリーフケースは、ここ数年のガイド納富イチ押しの形なのですが、その贔屓目を抜きにしても、このブリーフケースは良くできています。

こんなふうに大きく開いて、メインコンパートメントにアクセスできる。中央の仕切りもファスナーポケットになっている

まず、中央のメインコンパーメントの形状が面白くも使いやすいのです。通常は、サイドのファスナーを閉じた状態で使用するので、単なる、上から出し入れするトートバッグ的な使い勝手なのですが、そのサイドのファスナーを開くことで、マチ付きのメインコンパートメントが大きく開きます。この状態だと、中も一覧できるし出し入れもスムーズだし、適当に入れても、閉じるだけでスマートに収納されてしまいます。中央で二つに仕切られているのも、中がゴチャつかず、実際に使った時に、とても考えられていると感心しました。

片方のファスナーポケットの上部には手帳や携帯電話、デジカメなどを入れるマチ付きのポケットが用意されている。

メインコンパートメントの左右は、大きなファスナーポケットというか、考えようによってはこっちがメインかも、という感じでA4ファイルが収納できるスペースになっていて、これで合わせて三層構造というわけですね。このファスナーポケット部分は、片方には、手帳やデジカメなどを収納できるポケットが、もう片方には、ファスナーポケットが内蔵されていて、それぞれに使い分けられます。

もう片方のファスナーポケット上部にはマチ無しのファスナーポケットがある

この三層構造は、比較的厚みのあるものや、大きなファイルフォルダなどは中央のメインコンパートメントへ、薄手の書類関係はファスナーポケットが内蔵されている側のコンパートメントへ、日常的に使うもの、文具・雑貨は、手帳などが入れられるポケットがあるコンパートメントへと、自然と機能的に中身を使い分けることができるように作られているようです。

しっかりした縫製と革の強靭さが安心を生む

グローブに使われている牛革は、しっとりと柔らかな質感で、コシがあるため、鞄に向いている

グローブ用の革といっても、仕上げがカバン用なので、グローブの表情をイメージすると、随分感じが違うのですが、その柔らかいけれどハリがある感じや、中身が詰まった感じの頼もしい質感、見た感じに比べて持つと軽いことなど、グローブ用の革ならではのメリットは、その外観からでも十分伺えます。何となく、ラフに使っても大丈夫そうなムード(実際にラフに使っても、傷がつき難く。汚れも拭くと落ちやすかったのです)と、端正なデザインは、ハードなビジネスの現場で、グローブのように身体を守ってくれる、そんな印象もあります。

ステッチも綺麗で丁寧。ハンドルが薄手で柔らかいのも、TRIONのビジネスバッグの特徴

縫製も、太い糸なのに縒れず、丁寧にしっかりと作られていて、その技術の高さが伺えます。ハンドル部分も、重い荷物を入れて持っても、引っ張られる感じがなくて、安定していました。柔らかいハンドルなので、手にフィットして重さを指全体に拡散してくれる感じも上々です。カラーバリエーションは四色、写真の黒の他、チョコ、ネイビー、ダークタンと、渋い色が揃っているのも、ビジネスバッグに特化したメーカーの姿勢が感じられて良い感じです。

ガイド納富の「こだわりチェック」


メーカーによると、革の伸縮性が高いため、グローブ同様、使っているうちに、その人なりの形状に伸びて、マチが広くなったりするのだそうです。グローブの場合「手に馴染む」ですが、カバンですから「用途に馴染む」という感じでしょうか。ガイド納富は、まだ使用して1ヶ月程度なので、その感覚は体験していないのですが、そう聞くと、どんな風に馴染んでいくのか、是非使い続けたいところです。

ガイド納富としては、この縦型が好きなのですが、同じ機能で横型のモデル「A118」や、シンプルな一層構造のもの、働く女性に似合いそうなB5サイズのものなど、用途や好みで選べるラインアップも充実しています。革の質感の割りに、価格が手頃なのも嬉しいですね。三層構造の中央のコンパートメントなら、ネットブックを入れることも可能です(外部の衝撃からかなり守ってくれました)。

実際、かなり用途も広く、扱いやすいブリーフケースですから、フレッシュマンからベテラン、さらには自由業者の外出用バッグとしても重宝します。内緒ですが、ガイド納富が関わった某カバン特集の中でスタッフの支持が最も高かったのが、このシリーズの横型「A118」だったりもしました。触ったり使ったりして分かる、そんな良さを持ったカバンなのだと思います。

<関連リンク>

TRIONのA4縦型ブリーフバッグ「A119 ブラック」はハイタイドのサイトから購入できます
TRIONのA4縦型ブリーフバッグ「A119 ネイビー」はハイタイドのサイトから購入できます
TRIONのA4縦型ブリーフバッグ「A119 ダークタン」はハイタイドのサイトから購入できます
TRIONのA4縦型ブリーフバッグ「A119 チョコ」はハイタイドのサイトから購入できます

TRIONのA4横型ブリーフバッグ「A118」もハイタイドのサイトから購入できます

TRION製品の購入、情報、問い合わせはこちらから
TRIONの公式サイトはこちら
TRIONを扱っているハイタイドの公式サイトはこちら
TRION製品が購入できるTRION ONLINE STORE

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。