レザー製なら、横幅40cm以内がベスト


ブルックリンのバッグ
使いやすく、横幅40cmと見た目にもバランスがいいのがこのブルックリンのバッグ。色がグリーンなので黒色よりも見た感じも軽やか。サイズ/横40×縦29.5×奥行き(マチ)は広げない状態で10cm。←個人で計測したものなので誤差があります。私物。お問い合わせは、BROOKLYN MUSEUM TEL 03-5414-3357


先日「DIME」のビジネスバッグ特集を読んでいたら、バッグの平均購入価格は3万円弱らしい。ナイロンバッグが主流だが、ソフトなレザーも人気があるようだ。横幅はだいたい40cm~42cmが平均的なサイズ。

気になったのが横幅。電車で座って移動することを考えると、個人的には40cmが限界かな。というのも膝の上に乗せたときに隣の人に当たらないサイズがちょうどこのくらい。とくにハードレザー製の場合は硬いこともあって隣が気になってしまう。しかたなく床に直接置くか、縦方向に回転させることが多い。縦方向にするとバッグの中から物を取り出すのも意外と大変だし。

それに日本人の成人男性の平均身長が170cmくらいだとして、40cmを大きく超える横幅のバッグは見た目のバランスも悪い。体のわりにバッグが目立ってしまう。長身の人には問題ないんですけどね。

アメリカ製はかっこいいが・・・、ん~デカい!


ハートマンのバッグ
このハートマンは10~15年前に三越で買ったもの。明るめの茶色のレザーが気に入っていて、買った直後はよく使っていた。いま持っても少し大きな感じがする。やはりアメリカ人サイズなのかな。この後にPCケースなどのモダンなシリーズを展開するようになった。サイズ/横43×縦31×奥行き(マチ)12cm。※現在このバッグは生産されていません。私物。


さっそく自宅の物置からここ10年ほど使っていないハートマンを取り出して、サイズを測ってみたら横幅43cmもあった。やっぱり・・・。ベルディングレザー(牛革)の色と質感が好きで使っていたが、身長170cmのボクには少しサイズが大きく、使う機会が減ってしまっていた。

ハートマンのバッグは好きで、他にバリスティックナイロン製のものを使っている。余談だが靴ガイドの飯野さんはハートマンのナイロンツイードのアタッシェを愛用していたと思う。こちらも名作ですね。1990年代のハートマンは今よりも魅力があったということだ。コーチもね(笑)。

次のページは、「ブリーといえば黒でしょう!?」です