夏コスメというと、みなさんはどんなイメージを持たれますか? カラフルなカラーや尾粒のラメ、キラキラとした強いパール。夏の太陽に負けない鮮やかなカラーを連想しますが、今年は、ちょっと予想を反したコレクションが多いんです。では、さっそく今年の夏メイクのトレンドについてお話しましょう!

ちょっとくすんだアイカラーが今年の大本命!

夏ファッションのトレンドとして、フラワープリントやフルーツ柄などリゾート感あふれるプリント柄が流行っていますが、どことなくカラーにレトロ感が漂っています。ちょっと肩の力が抜けたような、そのざっくりとした雰囲気に似合うメイクといえば、原色とは対照的にちょっとくすんだカラーが似合います。例えば、パープルの色で言うならば、パキッと鮮やかなパープルというよりも、少しグレイを混ぜたようなワントーン暗めのパープル。明度を下げることで、ファッションのレトロな雰囲気と見事にマッチして、とてもアカぬけて見えるんですよね。

右のグリーンもリゾートファッションに似合います

右のグリーンもリゾートファッションに似合います。

■オススメのブランドは、ポール&ジョー
「ポール&ジョー セレクト アイカラー」は、夏に向けて新たに6色が登場します。ありそうでない、ニュアンスのある奥行きと深みのあるアイメイクができます。中でもイチオシなのが、26のパープル。“ジプシー”というネーミングのついたカラーで、ひと塗りでセクシーな目元にスイッチします。ほんのりパールが入っていますから、光の角度によってツヤ感もあります。


塗り方のポイントは、まぶた全体にブラウンをのせた後、目尻から中央に向かってパープルをのせます。この時、ぼかすというよりも、“色をのせる”という感じ。まぶたを開けたとき、しっかりパープルの色が見えていることが大切です。
ベースにブラウンをのせているので、色浮きもありません。アイラインは黒もしくはブラウンで目のキワに入れる程度がいいですね!

ポール&ジョー セレクト アイカラー 左から26、27、30 各1890円、アイカラー パレット 1260円/ポール&ジョー ボーテ(6月1日発売)

次ページでは「シアーなブロンズ肌&ヌーディーメイク」を紹介します。