特殊効果や音楽追加も簡単の動画編集ソフト
Windows Live ムービー メーカー

Windows Live ムービーメーカーは撮影したビデオを手軽に編集できる動画編集ソフトです。このソフトはただ手軽なだけでなく、市販されているソフトのように特殊効果や音楽を挿入したり、コマ割りをして細かな編集をすることもできる高機能なソフトでもあります。
Windows Live ムービー メーカー

Windows Live ムービー メーカーは簡単高機能なソフト


Windows Live ムービー メーカーで編集をするには、プロジェクトと呼ばれる編集場所にビデオや写真、音楽を登録します。流れを大まかに指定してオートムービーという機能を使えば、タイトルとクレジット(映画の最後に流れるあれです)を指定するだけで、各種効果や切替機能などを自動的に加えて見栄えの良い動画を作ってくれます。
オートムービー作成のクレジット

オートムービーを使えばクレジットもこの通り用意してくれる。


また、プロジェクトとして保存した動画は後で編集しなおすこともできます。トリミングや分割、速度調節などをきめ細かく指定できる編集ツールがありますので、これらを駆使して動画の完成度を高めていくことができます。

このようにして編集した動画は、Windows Media Video形式で保存し、Windows Media Player などの再生ソフトで再生できるようになります。スマートフォンでも動画再生ソフトを使ってみることができますし、Windows 7付属のWindows DVD メーカーを使えばプレーヤーで再生できるDVDも作成できます。解像度もフルHD画質の1920×1080から携帯電話用まで様々なサイズがあり、目的に合せて解像度を選ぶことができます。
Windows Media Player

作成した動画はこのような動画プレーヤで見たりDVDに書き出しができる


先に紹介したフォトギャラリーにはSNS連携機能がありましたが、このムービー メーカーにも作成した動画をYouTubeやFacebookに直接投稿する機能があります。パーティでのビデオをFacebookに投稿すれば友人に配る必要がなくなりますし、決定的瞬間をとらえたビデオをYouTubeに投稿すればたくさんの人に喜んでもらえるかもしれません。
共有機能

共有機能を使えばSNSへの投稿もできる。


Windows Live フォトギャラリーと同様に作成した動画は直接Windows Live SkyDriveに保存できます。ここに保存した動画はインターネット経由で限られた友人に公開もできるので、FacebookなどのSNSを使っていない方はこちらを使ってみるのもよいでしょう。

→チャットソフトもあります。