「一夜城 ヨロイヅカ・ファーム」オリジナルアイス (各350円)

「一夜城 ヨロイヅカ・ファーム」で初収穫されたみかんのアイスも登場!

「一夜城 ヨロイヅカ・ファーム」で初収穫されたみかんのアイスも登場!

  果物の風味をそのまま閉じ込めたフレッシュなシャーベットは、小田原の「一夜城 ヨロイヅカ・ファーム」の限定品。それが今回初めて、都内でも食べられるようになりました。旬の時期に応じたフルーツを使用し、とちおとめ、温州みかん、ふじ(りんご)、巨峰、ゆず、キウイなどのフレーバーが揃います。グレープフルーツ&バジル、トマト&レモンなど、2つの素材を組み合わせたタイプもお薦めの新作です。

さらに、ぜひ召し上がっていただきたいのが、「一夜城 ヨロイヅカ・ファーム」で初めて収穫されたみかんを使ったアイス。鎧塚シェフが自ら、スタッフの方々と共に収穫されたという、思い入れの深い一夜城みかんです。清々しい香りとみずみずしい果汁がそのままアイスになったという表現がぴったりで、色もあざやかなみかん色。蓋を開けただけで気分がリフレッシュ!

そして、焼き菓子やコンフィチュールの多くは、各地の生産者や職人の方々が原型となるものを考案・製造していらして、それが鎧塚シェフとのコラボレーションにより、新たな息吹を吹き込まれバージョンアップしたもの。

「地元の方にとって役に立つ、還元できる物を一緒に作りたかった」という鎧塚シェフ。鎧塚シェフのレシピを参考に、よりブラッシュアップされたお菓子の製造は、元々、最初に生み出した地元の方々によって行われています。そんな思いのこもったお菓子達が東京で一堂に会するのが、「ヨロイヅカファーム トーキョー」、という訳です。

「須坂技術学園クッキー」(各300円)

「ヨロイヅカファーム トーキョー」限定の長野スイーツ「須坂技術学園クッキー」

「ヨロイヅカファーム トーキョー」限定の長野スイーツ「須坂技術学園クッキー」

長野県須坂にある知的障がい者の自立支援施設で、地元のパティシエと一緒になって作り出されたクッキーがヨロイヅカとコラボレーション。味は3種類で「信州くるみ」入りのものと、須坂名物の5つの蔵で作られる味噌をブレンドして生地に練り込んだ「須坂五つ蔵味噌」、そして一番の注目が「須坂五つ蔵味噌&ゴルゴンゾーラ」。ゴルゴンゾーラといえば、鎧塚シェフが得意とする素材の一つ。味噌とゴルゴンゾーラの組み合わせは意外なようでいて、共に日本とイタリアの伝統的な発酵食品同士。それらをまとめあげ、新たな美味しさを生み出すことができたのは、このコラボレーションプロジェクトならではの面白さですね。

有田バウム <和歌山スイーツ>(1150円)

「ヨロイヅカファーム トーキョー」限定の「有田バウム」

「ヨロイヅカファーム トーキョー」限定の「有田バウム」

和歌山県・有田の名物といえば、温州みかん、そして知る人ぞ知る醤油発祥の地でもあります。地元の有志団体「MAHALO」で開発されたしっとりバウムクーヘンとヨロイヅカのコラボレーションで生まれた味は、「温州みかん」「湯浅醤油」、そして鎧塚シェフ自慢のオーガニックチョコレートと、「MAHALO」薦めのハニーとチーズ。5種類の味で登場です。

コンフィチュール

「ヨロイヅカファーム トーキョー」に並ぶ愛媛産フルーツのコンフィチュール、小田原・早川産柑橘のコンフィチュール

「ヨロイヅカファーム トーキョー」に並ぶ愛媛産フルーツのコンフィチュール(左4種)、小田原・早川産柑橘のコンフィチュール(右3種)

コンフィチュールも、各地のフルーツ等を使い地元の方々が製造した品揃え。たとえば愛媛産コンフィチュールの「さちのか×紅マドンナ」「せとか×島檸檬」「キウイ×いよかん」「さちのか×ブルーベリー」(各600円小瓶)。これらは2012年に「日本農業賞」の特別部門「食の懸け橋賞」大賞を受賞した今治市の直売所、「さいさいきて屋」内にある「彩菜Café(サイサイカフェ)」で作られたもの。

「一夜城 ヨロイヅカ・ファーム」の地元、小田原・早川のJA早川女性部の皆さんが作る柑橘コンフィチュールとして、ニューサマー(600円小瓶)、夏みかん(550円小瓶)、湘南ゴールド(1000円大瓶)といった柑橘を使ったコンフィチュールもあります。

渋谷から、全国の農家、生産者の方々の取り組みを発信する「ヨロイヅカファーム トーキョー」。都内にいながらにして、各地のご当地名物に出会うことができる、まさにアンテナショップのような楽しさがあります。しかも、現地でも食べられないコラボレーションスイーツの数々は、何としてもチェックしたいところ。生産者の方々の真摯な思いに触れることができ、素材への興味を深めるきっかけともなりますね。

生産者の方々にとっても、自分達が育てた野菜や果物、そして懸命に考え出したお菓子が、東京・渋谷の最先端のスポットで披露され、多くのお客様に食べてもらえるということが大いに刺激となり、新たな生産意欲に結びついているそうです。日本の農業に一石を投じる新たな業態のスイーツショップとして、今後ますます、注目を集めそうです。

<ショップデータ>【2016年9月退店】
Yoroizuka Farm Tokyo(ヨロイヅカファーム トーキョー)
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエShinQs B2F
電話:03-6434-1832
営業時間:10:00~21:00
定休日:「渋谷ヒカリエ」に準ず
テイクアウトのみ

<関連記事>
渋谷ヒカリエ攻略法(東京)
渋谷ヒカリエShinQsスイーツ情報(スイーツ)
「シアターテーブル」渋谷ヒカリエのイチオシ!(イタリアン)
渋谷ヒカリエオープン! ランチ速報(ランチ)
ル パン ドゥ ジョエル・ロブション【渋谷】(パン)
ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー…ヒカリエ(カフェ)
茶庭 然花抄院 渋谷ヒカリエ シンクス店(カフェ)
「渋谷ヒカリエ」和カフェ特集!(和菓子)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。