ここ数年、ますます年下男性との恋愛や加速、結婚までたどりつくカップルも一般化している。“姉さん女房”という言葉は昔からあった。

特に、野球界など、厳しいアスリートの世界では、野村監督や落合選手にはじまり、イチロー(9歳差)や貴花田(8歳差)など、生涯を仕事に捧げるために、多角的にサポートしてくれる年上の妻と結ばれるというケースが多かった。

「姉さん」を感じさせない、姉さん女房

年下男性

常識で凝り固まっていない、現実的な頼れる20代男性が増えている

けれど、最近ではもっと普通のテンションでひとまわりレベルの年下男と恋愛したり、結婚したりしている女性が増えている感覚がある。

小雪と松山ケンイチ(9歳差)、ドリカムの吉田美和とJUON(20歳差)などなど、芸能界の年下婚は、ひと昔前の“年下夫を支えます!”的な糟糠の妻的なニュアンスとは少し違う。もちろん、ひと回り近く(もしくは、それ以上)年上の妻がアドバンテージを握るのは、当然のこと。だけど、一方的に尽したり支えたりするわけではなく、年下男の良さも引き出してうまく享受している印象。

それがさほどの驚きもなく世間に受け容れられている。ポイントは、単なる一夜の火遊びなどではなく、年下男との恋がきちんとしたパートナーシップへと発展しているケースが増えたということだ。

巷においても、ひとまわりレベルの年下男と、ごくごく自然にマジメに付き合っている30代、40代女性は多い。つい先日、一緒に飲んだ恋愛至上主義なバツイチの知人女性A(40歳)も20歳近くも年下の人気クリエイターと付きあっていると話していた。

「仕事がらみのパーティーにいたら、寄って来たんだよね(笑)。「話したいです」ってストレートに言われて、好意をばんばん出してくるから、自然と仲良くなっちゃって。年齢聞いてびっくりしたけど、デートしているうちに本気で好きになっちゃった」

37歳にして、トップ出世で管理職についた知人Bも、仕事の鬼かと思いきや、昨年末からこっそり、10歳下の部下と付き合っているという。

「一緒に大きなプロジェクトを進めているうちに、距離が縮まったんだよねぇ。最初は、まさか10歳下なんて!って固定観念が強かったけど……。全然、同世代の男よりも楽しいよ。いや、彼だから、合うのかもしれない」