阿嘉島の楽しみ方

nishihama2

夏、多くの人々でにぎわうニシハマビーチ。ケラマブルーの海のこの美しさは、眩しくて目が開けていられないほど。 写真提供:座間味村役場

世界に誇る抜群の透明度の海に、美しい珊瑚礁が生息する慶良間諸島。ダイバーの間では聖地として知られていますが、その海の美しさはダイビングをしない人にもぜひ体験してほしいもの。今回は慶良間諸島の中の有人島、阿嘉島のお話をしましょう。


阿嘉島の概要、行き方

minato

阿嘉島の阿嘉港。エメラルドグリーンの海にはよくウミガメの影が映ります。 写真提供:座間味村役場

慶良間諸島の有人島である阿嘉島は、今でもそのほとんどが森林原野で覆われた緑豊かな島です。橋続きでもうひとつの有人島慶留間(ゲルマ)島と、その奥にある外地(フカチ)島へ渡ることができます。座間味島と向かい合うように位置し、その距離は3キロほど。映画『マリリンに逢いたい』のシロはこの座間味島と阿嘉島間を毎日泳いでマリリンに逢いに行っていたそうで、マリリンがいた座間味島にはマリリンの像が、シロがいた阿嘉島にはシロの像が立てられています。

両島とも同じ座間味村に属しているので、ふたつの島の港を行き来する定期船があり、阿嘉島・慶留間島とその奥の外地島含め、観光客は座間味と阿嘉島の両島を楽しむことができるのです。沖縄の離島で、島間同士の交通がこんなに充実した島は珍しく、それが世界トップクラスの美しい海とあっては、海好きなら行かずにはいられませんね。

那覇からの行き方は、座間味島への行き方と同じ。泊港から毎日、高速船とフェリーが運行しています。船は阿嘉港に寄港した後、座間味港へ入ります。高速船を使えば日帰りで訪れることも可能です。


阿嘉島の見所

繰り返すようですが、阿嘉島の見所はなんといっても、その素晴らしい海。海の美しさはもちろんのこと、魚影の濃さや珊瑚の豊富さなど、海の中の世界を思う存分に楽しむことができます。
keramajika

散策中、ふと姿を表したケラマ鹿の若いオス。 写真提供:座間味村役場

また森林原野に覆われていることから、慶留間島にはケラマ鹿というケラマ諸島にしか生息しない天然記念物の鹿がいます。本土の鹿よりもちょっと小さくて茶色が濃いのが特徴。島の散策中ぽっと現れた野生のケラマ鹿に遭遇することもしばしば。海の中も、陸の上も、自然を満喫するのに阿嘉島はなんとも贅沢な場所。本当の沖縄の海の美しさを知りたい人や、沖縄の自然に触れられる旅がしたい人にとって、阿嘉島はなんとも魅力に満ちた島です。集落もこぢんまりと静かで、島の夜時間を心ゆくまで楽しむことができます。