“大人女子”と“子供おばさん”の違い

大人でも茶目っ気のある女性は魅力的!

大人でも茶目っ気のある女性は魅力的!

いくつになっても、茶目っ気があったり、可愛らしさのある女性は魅力的です。

では、大人になっても評価される、“女子っぽさ”とは何でしょうか?

例えば、下記のようなものだと思います。
・ 精神的に成熟していながらも、どきどき見せる無邪気さや可愛らしさ。
・ TPOをわきまえながらも、年齢にとらわれずに、自分に似合うお洒落を楽しむ。
など。

反対に、評価されない女子っぽさというと、下記でしょう。
・ 未だに若さ、美しさだけで勝負をする。
・ TPOをわきまえない。
・ 単に子供っぽい、自己中など、歳相応に精神が成熟していない。
など。

つまり、歳相応の精神的な成熟はありつつも、一般的な年齢にとらわれずに、自分らしさを保てる人は、素敵な大人だと見られます。
でも反対に、精神的に未熟なまま、失った若さを取り戻すことばかりを考えていると、残念な大人だと思われてしまいます。

歳を重ねれば重ねるほど、若さは失います。それは自然の摂理なのでどうすることもできません。
でも、その分、なにを得ているか?が大切なんです。

結局、若さというのは、努力なしで、誰にでも一時期与えられているものです。
でも、その後の精神的な成熟というのは、努力なしでは手に入れられません。

だから、歳を重ねたときに、魅力に差がつくのです。

では、魅力的な“大人女子”になるためにはどうしたらいいのでしょうか?