料理の写真など、接写写真を撮りたいときにおすすめ「リコー GX100」

 

 

リコーのGX100を使っています。現行機種ではバージョンアップしたGX200があり、使い勝手や基本性能は概ね同様だと思います。

24~72mmの広角ズームで接写では1cmまで近づけます(GX200も同様)。軽いしホールド感もいいし、昔のフィルムカメラみたいなシンプルでレトロなデザインも気に入ってます。

私の担当する「オールアバウト名古屋」の取材は、これと一眼レフを併用していますが、料理写真は概ねリコーで撮った写真を採用しています。ググッと思い切って寄れる分、シズル感が出て、一眼で撮ったものよりおいしそうに見えるのが、うれしいやら悔しいやら……(苦笑)。

GX200で発売から既に3年半たつので、最新機種はさらに優秀だとは思いますが
私はGX100を4年ほど前に買って、まだまだ十分使えると思っています。

GX200の実勢価格は2万円台のようなので、非常に値ごろじゃないでしょうか。新しい機種の方がよい、という場合も、リコーのGRシリーズあたりからあたって比較していくとよいかと思います。





■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。