流行の家事メン、やるなら「掃除」!

男の掃除

いったん始めれば深追いしたくなるものなのだけど……

掃除? 腰を上げるまでが面倒くさい。疲れる。
「やっといてね」なんて頼まれた瞬間に、やる気が萎える。
やっても後からダメ出しされるから、手を出したくない。

そんな声を世の「夫」の方々からよく聞くのですが……勿体無い!

掃除って、場所と方法さえ選べば「短時間」で「目に見える結果」を得ることのできる、あまたの家事の中でも稀有な作業。うまくやりさえすれば凄まじくイージーに「綺麗」になっちゃって、家族の感動と自らの深い達成感を得ることができるんです。流行の家事メン、やるなら掃除ですよ!

でも細々した「~用洗剤」とか使いこなすのは難しいし、「妻」の領域を侵すのもナンだし。ならば深夜のテレビショッピングなどでもお馴染みの『万能洗剤』1本で勝負してみてはいかがでしょう?!


除菌・脱臭・漂白 ココマジックG

ココマジックG

除菌・脱臭・漂白ができちゃう万能ぶり……

今回ご紹介する万能洗剤は『除菌・脱臭・漂白 ココマジックG』。東急ハンズで面陳されていました。「弱アルカリ性」で界面活性剤、重曹、炭酸塩が基材。酵素や酸素なども添加されています。

なんとこれ、粉末を溶かせば食器洗いから洗濯までマルチパーパスに使えてしまう! 無論リビング、キッチン、バス、トイレをも。なんというスーパーザックリぶり……。

粉状の「ココマジックG」を湯で溶いたスプレー1本持っただけで、家中ウロウロできます。気になったところをシュッして拭く! ザッツオール! 簡単シンプル! でもどうせやるなら、普段見落とされがちな場所を拭いてみませんか?


脂肪酸系の汚れに強い

 例えばテーブルや机の「裏」。表面はいつも綺麗に拭いていても、小さな子どもがいるお宅では子どもがこっそり裏で手を拭いて(!)いることなどあり、ひそかに汚れているところ。垂れた汁物などの汚れが回り込んでいることもあります。

また住まいの「ドア周り」も盲点になりがち。蝶番が付いている側、枠、側面、埃や油煙で結構汚れているものですが、高い位置は特に女性には見えづらいこともあって看過されやすいところ。ここを拭いたら、鬼の首を取ったように「こんなに汚れてるぞ!」ではなく、「スゲー!」と素で喜んでいただけると、「妻」としては嬉しいです。

もっとも、試用した限り「漂白」というのは洗濯に関する効果と見ましたが、次亜塩素酸ナトリウム(ハイター系)のような白さを期待するとちょっと違うかも知れません。白いビニールクロスやスイッチカバー、合板の家具等の手垢汚れはみるみる落ちます。脂肪酸系の汚れには強い! 

キッチン周りや、煤煙で汚れたベランダや窓周りも試してみる価値大だと思います。

 





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。