入院診療費は1件あたり50万円程度。実際の自己負担額は?

入院した時にどのくらい医療費がかかるのかとても心配

入院した時にどのくらい医療費がかかるのかとても心配

入院した時にいくらぐらいかかるかを表したデータはいろいろありますが、ここでは厚生労働省の「平成24年度医療給付実態調査」(※)をもとに医療費をみていきます。

下の表は、各健康保険ごとの「入院受診率(100人あたりの入院件数)」「1件あたりの入院診療費」「1日あたりの入院診療費」「1件あたりの入院日数」をまとめたものです。
入院に関する諸率

入院に関する各種データ。「協会(一般)」は全国健康保険協会管掌健康保険(健康保険法第3条第2項の規定による被保険者を除く)の略、「組合健保」は組合管掌健康保険の略。


◇入院受診率
1年間に健康保険が適用される病気やケガで入院する件数は、国民健康保険が21.7件(つまり21%)とやや高めですが、全体では10.0件(10%)となっています。後期高齢者医療は被保険者の年齢構成が他とは大きく異なるため、圧倒的に件数が多くなっています。

◇入院診療費
「1件あたり」の入院診療費では、国民健康保険が51万4272円で最も高く、最も低い共済組合とは8万円以上の差があります。ただ、「1日あたり」の入院診療費は組合健保が4万8246円で最も高く、国民健康保険は3万2105円と組合健保の3分の2程度となっています。

入院診療費は入院患者(健康保険の被保険者)が負担している額ではありません。実際に負担する費用は患者の自己負担割合によって異なり、仮に入院診療費の3割を負担とすると、国民健康保険計では1件あたり約15万円となります。

この他に、差額ベッド代のような入院診療費に含まれていない費用もあれば、高額療養費制度や健保の付加給付等、負担を軽減できる制度もあります。上の表の入院診療費からは、健康保険ごとの違いや入院時のおおよその診療費をイメージしてもらえればと思います。

次のページでは、主な疾病ごとに費用をまとめてみました。全体平均とは違った個々の特徴が見られます。

(※)医療給付実態調査は、平成24年5月~平成25年4月に審査決定された診療報酬明細書および調剤報酬明細書(レセプト)を集計対象とし、そこから入院費用等を求めています。国民健康保険や組合管掌健康保険など、健康保険の種類ごとに医療給付の実態を確認することができます。