ガイド納富の「こだわりチェック」

春小物07

海洋堂「リボルテックタケヤ 広目天」3800円

何かに使えるというわけではありませんので、番外編扱いですが、海洋堂の「リボルテックタケヤ」、仏像シリーズの完成度が凄いです。何と、間接が可動する仏像ですが、つまり、仏像に好きなポーズを取らせる事ができるんですね。造形は、かつて鳥山石燕の「画図百鬼夜行」に出てくる妖怪を見事に立体化した竹谷隆之氏。写真は第二弾の「広目天」ですが、既に第一弾「多聞天」も発売済みで、4月1日には第三弾「阿修羅」、5月1日には第四弾「増長天」、6月1日には第五弾「持国天」が発売されます。つまり、阿修羅と四天王です。凄いのは、既にある仏像のコピーでは無く、造形からオリジナルで作られているのに、見事に仏像になってるという事です。

春小物08

仏像のフォルムやアイテムを純粋に造形として楽しめる。そしてポーズを取らせる事が出来る!

写真の広目天は、知性や学問、情報の神。そのため、筆と巻物を持っていて、文房具好きの心をくすぐる仏像です。何も持っていない手のパーツが付属していたり、踏みつける事で台にもなる邪鬼も付属しているなど、細部への心配りも怠りなし。さらに面白い事に、リボルテックシリーズはジョイント部分が共通なので、他の仏像と混ぜたり、他のロボットなどと手足を付け替える事さえ可能。見事に作られた仏像を、自由にレイアウトできる面白さは、細部から着色まで、クオリティが高い、ちゃんとした仏像になっているからこその面白さ。今回取り上げたグッズに共通する事ですが、こういう「ちゃんとした」上での遊び心が、全てのグッズの面白さの基本だと思います。

【関連リンク】
PLUSの「フィットカットカーブ チタンコート」の詳細はこちら
T.MBHの「くるみ ペンポーチ」の購入はこちらから
VOXのトラベルギター「Apache-II」の詳細はこちら
海洋堂の「リボルテックタケヤ 広目天」の詳細と購入はこちら

【最近の記事】
iPhone4Sケース・ベスト5 2012年春編
文具とノートをまとめて持ち歩けて長く使える革カバー
小さくても本格的に使える「木の文房具」の温かさ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。