高級FRスポーツセダンが約80万円から

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回は日産スカイライン(現行型)を取り上げたいと思います。
日産スカイラインundefinedフロント

旧型に比べてエンジン搭載位置を15mm下げたり、吸排気システムを左右完全対象にしてエンジン音にこだわるなど、走りの楽しさを追求しています。新開発のサスペンションを採用し、欧州で走り込むなどしてセッティングされた乗り心地も魅力です


デビューは2006年11月。2.5Lと3.5LのV6が用意され、いずれも5ATが備わりました。ちなみに3.5Lモデルの最高出力は315ps。2008年12月には3.5Lエンジンはスカイラインクーペと同じ3.7Lへと変更され、さらに3.7Lモデルのみ7速ATと組み合わされることになりました。

これにより3.7L車の最高出力は330psとなりましたが、燃費は3.5Lの10・15モード燃費9.2km/Lよりよい9.7km/L。パワーアップを果たしつつ、燃費を向上させています。

国産車では同じFRのアッパーミドルセダンということでトヨタマークXがライバルになります。しかしスカイラインのプレス資料を見ていると、見ている先はレクサスISやBMW3シリーズ、メルセデス・ベンツCクラスといったあたりのようです。確かに乗ればスポーティですし、旧型に比べたら高級感はアップしていますからね。
日産スカイラインundefinedリア

トランクルームは430L。9インチのゴルフバッグ4つを積めます。横滑り防止装置のVDCは一部グレードを除いて標準装備。また写真のタイプSやタイプSPにはスポーティなフロントバンパー、サイドシルが装備されます。


旧型から、数々の伝説を作り続けるスポーツカーGT-Rのベース車であることをやめ、新たなスカイラインとして歩み始めたわけですが、スカイラインGT-Rという車があった頃と比べれば、この現行型は格段に高級感を増しています。加えて、やはりドライバーが楽しめる乗り味もきちんと抑えています。

個人的には、スカイラインという名を捨てて海外と同じようにインフィニティG25/G35/G37として販売されていたら、もう少し新車が売れていたかも……なんて思いもあります。新しい高級なスポーツセダンとして、認知されやすいように。レクサスISのようなイメージですね。

それでも中古車ではそれなりに人気があるようで、また新車販売台数が少ない=中古車市場への供給が少ないこともあり、値落ちは比較的ゆっくりと推移。しかしデビューから6年が経ち、原稿執筆時点での最安値は79.9万円(250GT FOUR/2006年式/9.6万km/修復歴なし)と100万円を切るまでになりました。

デビュー当時の新車価格は279.3万~380.0万円(先の最安値の250GT FOURは306.6万円)。それがもはや新車時の2分の1、3分の1なんて中古車がざらにあるという状況です。車の中身を考えれば、おいしいと思わざるをえません。

スカイラインがおいしい理由を次ページ以降でもう少し見ていきましょう。