ポータブル&充電対応のワイヤレス

SoundLink

カバーがレザー素材の「LX」。ナイロン素材でお手軽価格のスタンダードもある。

BOSEの「サウンドリンク ワイヤレス モバイル スピーカー」は、コンパクトな筐体にバッテリーを内蔵し、持ち運びに便利な製品です。標準的な音量ならフル充電で連続約8時間使用でき、家の中でも置き場所を選びません。寝室、リビング、ベランダなど、好きな場所に持ち運んで使用できます。

 
ズシッと重みがありますが、スタンド兼用のカバーで携帯性も良く、旅行など、宿泊先のホテルで音楽を楽しむ用途にも適しています。また音量も充分で、屋外でも迫力のある音が得られるので、花見、バーベキュー、ビーチやプールサイドなど、いろいろなシチュエーションで活用できそうです。Bluetoothに加え、充電池内蔵でコンセント要らず。真のポータブルスピーカーなのです。


ポータブルの域を超えた音質

SoundLink Back

本体背面。豊かな低音が放出される。

BOSE製品群の中で、本機はマルチメディアスピーカーに分類されていますが、音は本格派。1万円前後で同じようなコンセプトのドックスピーカーとは異次元の高音質、3万円~4万円前後の据え置き型ミニコンポと比較しても優に堂々とした鳴りっぷりは見事です。

 
特に低音の安定感は抜群で、コンパクトな見た目からは想像もつかない奥行きと広がりを感じる事ができます。これは、本体中央部と背面に仕込まれている2つのパッシブラジエーター、BOSE独自の高性能なスピーカーユニットと、充分な重量や剛性によるものでしょう。音量を小さくしても低音を維持し、バランスの整った良い音を奏でてくれます。

高域も滑らかで、微少な音を濁りなく美しく響かせ、とても気持ち良く聴けます。
総じて、20畳程度のスペースで5m程度離れて聴いても、余裕で迫力のあるサウンドは圧巻。ポータブルスピーカーですが、自宅のオーディオとしても充分高品位に音楽を楽しめるはずです。

iPhoneと接続して使ってみました。