子供自身で整理できる、子供服おすすめ整理法

毎年ぐんぐん成長する子供。1シーズン限りで洋服が着られなくなることも多いもの。きちんと管理しないと、どんどん増え、整理も大変になってしまいます。子供が自分自身で整理できる、子供服のおすすめ管理・収納法をご紹介します。

小さくなった服と、まだ着られる服を分類する

IKEA BARNSLIG RINGDANS

小さくなった服を一時的に入れておくボックスを作る (IKEA BARNSLIG RINGDANS ふた付きボックス)

まずは、小さくなった服と、まだ着られる服を分類しましょう。小さくなった服を迷わず捨てられる人は捨ててください。捨てられない人は、ダンボールでもカゴでも何でもいいので、小さくなった服を溜めておける場所をワンスペース作ってください。その専用スペースに、小さくなった服を入れましょう。

小さくなった服の専用スペースがいっぱいになってきたら、今度は以下に分類して、箱を空にします。
  • まだきれいなので、使ってくれる人に渡せる子供服
  • 捨てる子供服
思い出が残っていて捨てられない服は、写真に残して、使ってくれる人に渡すか捨てるかしましょう。

小さくなった服専用のスペースがいっぱいになったら、分類して捨てる作業をすることが、収納上手への近道です。大人がきちんと子供服を管理できるようになれば、子どもは自分で整理できるのでとても楽になります。

子供服をカテゴリー別に収納する

小さくなった服とまだ着られる服の分類が終わったら、今度はまだ着られる服をカテゴリー別にを分類してみましょう。

以下のように用途別に分類してみてください。
  • パジャマ
  • 下着
  • トップス
  • ボトムス
  • 靴下
  • 上着
  • 小学校や幼稚園で着る服
  • ユニフォームやお稽古の時に着る服
  • おでかけの時の服
カテゴリー別に分けることで、どのカテゴリーが多く、どのカテゴリーが少ないかも明確になります。この後、このカテゴリー別に、収納していきましょう。多すぎる服は収納できない原因に。収納スペースに入るだけの量というのが子供服の管理の決め手になります。


>> 子どもが出せてしまえる、子供服ワードロープ収納法