アイテム編
第1位 東北のものづくり 

東北には、通好みの、実直なものづくりを行う作り手さんが多くいらっしゃいます。ここ数年で人気が広がりつつあった東北アイテムは、日本という国、東北という地域に注目が集まった今年、いっそう注目を集めることに。「買って支援する」という方法で復興に携わりたいと考えた方が多く、東北モノを扱うインテリアショップも増えました。

2011年のAll Aboutインテリアショップを振り返る

2011年のAll Aboutインテリアショップを振り返る! アイテム編 第1位は東北のものづくり


暮らしをランクアップさせるmade in 東北の小物たち 
● 手仕事をたずねる旅・岩手編(OIGENの南部鉄器岩谷堂箪笥秀衡塗(ひでひらぬり)
刺し子織りの小風呂敷とSIWA(紙和)のバッグ(刺し子織りが東北アイテム)

アイテム編
第2位 本場からお取り寄せする北欧アイテム 

東北のものづくりの良さに気づかされたことで、世界各地での手仕事の良さにも、改めて意識が向いた方は多かったかもしれません。丁寧につくられたものを、大切に使う暮らしは素敵ですよね。北欧の作り手さんが心を込めて作ったアイテムを、海の向こうからお取り寄せすること自体がひとつのイベントになるので、より愛着が湧き、大事に使い続けていけるはず。

2011年のAll Aboutインテリアショップを振り返る

2011年のAll Aboutインテリアショップを振り返る! アイテム編 第2位は北欧からのお取り寄せ


北欧からのお取り寄せ! Living Swedish 

次のページでは、今年話題となったショップを振り返ります!