「友達以上、恋人未満」の甘い罠。遊びかただの友達か

食事に誘えばOKするし、たまに週末デートすることもある。
好きだから本当は付き合いたい。だけど彼(彼女)には恋人が。

恋人の存在を知ったところですぐに諦めがつけば、悩むこともなかったはず。しかし多くの人は、デートに誘ってきたり、逆にデートの誘いに乗ってくる相手に恋人がいるとは想像しないものです。
相手との距離を縮めて恋愛関係に発展させることはできるか

「いつかは恋人に……」未来を案じるより、ふたりの「今」を楽しんで。形より瞬間に幸せはあるのです。


何度かデートを重ね、本気で好きになったところで「実は恋人が……」などと告白されても、簡単には気持ちを切り替えられないもの。
ただの友達とは言い切れない、深い関係に発展していたらなおのこと、悩みは尽きないのではないでしょうか。

「恋人以外の異性」と成立する関係は、大きく分けて3つ。
まずはできるだけ客観的な視点で、ふたりの関係を見つめてみましょう。

■浮気相手
シビアに捉えれば、恋人以外の異性との色っぽい関係はすべて「浮気」の範疇です。
浮気は誰だってしたくもされたくもないもの。しかし実際、浮気相手のような立ち位置になってみると、理性で感情をセーブするのが難しいことに気づくでしょう。それは相手だって同じです。
善悪だけで判断するのは後悔のもと。相手の思惑を知るためにもよく観察して。

■完全に二股
客観的には浮気相手と似たようなものですが、今の恋人と別れてあなたと付き合う青写真を描いているのであれば、状態としては恋人と並列です。
しかし世の中には、どちらとも別れるつもりなく、言葉巧みにふたりの恋人を操ってしまう人もいます。
後悔しないためには「騙されてもいい」くらいの構えで。

■親友、あるいはただの友達
こっちは相手に恋愛感情を持っているとしても、相手はもしかしたらまったくあなたのことを異性と意識していないかもしれません。あるいは逆に、ただのセックスフレンドという可能性も。
価値観は人それぞれ。親密さと愛情の深さが比例しない人もいるのです。

大事なのは、いずれの関係も「今」この瞬間を指すものであること。逆に言えば、将来的にはいくらでも変わる可能性はあるということ。
とはいえ、相手の気持ち次第では、将来どころか今の関係を維持することすら無意味かもしれません。
中途半端な関係にどう折り合いをつければいいか、考えてみましょう。