夫の話がつまらない? 楽しく会話を続ける4つのコツ

夫の話がつまらない

だんな様との会話、楽しくできていますか?

某女性週刊誌が40~50代既婚男女各100人にアンケート調査をしたところ、「夫婦の1日の平均会話時間」は「1~30分未満」が31.0%、「30分~1時間未満」が31.5%だったそうで、合計すると6割以上の夫婦が1日に1時間未満しか会話をしていないことになります。しかもその内容は「育児・子供の教育について(57.5%)」、「仕事のこと(42.0%)」「収入・小遣いなどのお金に関すること(31.0%)など、あまり楽しそうな内容ではなく、どちらかというと事務連絡、情報共有といった感じが推察できます。※アンケートは複数回答

私の主宰する「恋人・夫婦仲相談所」にも「“報告・連絡・相談”以外の“楽しい会話”ができない」という会話レス夫婦の相談が多く見受けられます。「夫の会話が楽しくない」「話題が貧困」という方に、今回は旦那様のとの「つまらない会話」を楽しく変える方法をご紹介します。
 

なぜ夫の話がつまらないのか

「旦那様との会話が楽しくない」という方にその原因を聞いてみると、いくつかのパターンに分かれます。一つ目は「話題がない」「話題が楽しくない」という、会話のテーマ・内容に関係のある場合。もう一つは「話しているうちにけんかになる」「一方通行でリアクションがない」など会話の進め方に問題がある場合。また「そもそも会話する時間がない」「すれ違いが多い」など会話ができる環境に原因がある場合に分けることができそうです。そこで各パターン別に旦那様との会話を楽しくする方法を考えてみましょう。
 

夫との会話を楽しく続ける方法その1:話題豊富になる

 「旦那様の話題が貧困」「旦那様の話が面白くない」といった「うちの夫はつまらない」ことが、会話がつまらない原因だと思っている方も多いと思います。しかし、皆さんのご夫婦の夫婦の会話のきっかけは、どちらでしょうか?「報告・連絡・相談」といった、「必要事項の伝達」以外の会話については、実は妻の皆様からスタートしていることが多いのではないでしょうか? それなのに話が面白くならない場合、もともとの話題が、旦那様にとって関心のないテーマであるからかもしれません。

どんなつまらない夫であっても、関心を持って乗ってくる話題はあるはず。妻の側が近所の噂話、芸能人の話題、ワイドショー的ネタから離れて、もっと話題を豊富に仕入れましょう。旦那様の好きなサッカーチームの勝敗など、関心のあるテーマについては特に情報収集を心がけるといった努力をすることで、夫婦の会話の展開もきっと変わってきます。
 

夫との会話を楽しく続ける方法その2:聞き上手になる

会話の進め方に問題があるカップルの場合、まずは「聞き上手になること」を心がけるのが解決への第一歩。具体的には「相手の話を最後まで聞き、話の腰をおらない」「相槌や『なるほど○○だったのね』など話題の繰り返しをタイミングよく入れる」「相手をじっと見すぎたり、目をそらしたままではなく、適度なアイコンタクトをする」などのテクニックが効果的です。
 

夫との会話を楽しく続ける方法その3:話し上手になる

会話の進め方に問題がある場合の解決法その3は「話し上手になる」ことです。一般的に「女性の話は、内容が筋道立っておらず、言いたいことがよくわからない」と、男性から評価されがちです。旦那様がこちらの話に無関心で会話が弾まないのは、妻の言いたいことがよくわからず、会話に参加する意欲を失っているからなのかもしれません。

実際、私が対面でのご相談を妻の皆様から受ける場面でも、枝葉の内容から話を始め、話しながら自分の考えをまとめていくような女性をよくお見かけします。最後まで、何が言いたいのかわからない女性も多いです。しかし、男性はビジネスの場などを通じて、筋道を立てた理論的な話し方に慣れています。最初に話したい内容をズバリと言って、そのあとからその背景などを説明するようにすると、男性にも理解しやすくなります。ホワイトボードやメモ用紙などを使って話題を可視化するのも効果的です。
 

夫との会話を楽しく続ける方法その4:会話する環境を整える

「そもそも会話する時間がない」というカップルの場合は、会話をする環境を作り出す工夫をしてみましょう。たとえば食事中、TVがつけっぱなしになっていませんか?TVを切ることで食事の時間が会話の時間に替わります。また、少しのアルコールで場が和み、舌が緩やかに滑り出す男性もいますので、飲み物が効果的な場合もあります(しかし飲みすぎは逆効果なので要注意)。さらに週末など、時間にゆとりのある日には、食後やちょっとしたすきま時間にお茶やコーヒーを淹れるなど、「ティータイム」をつくることが、会話に適した環境を整えることにもなります。

また、会話を弾ませるためには、無音状態よりも静かなBGMなど、適度な音がある状態が適していますし、座る場所も、真正面よ隣や斜め横ぐらいのほうがゆったりと話ができます。そのようなことにも気を配って、二人がリラックスできる「会話に適した環境」を整えてみましょう。

「会話がつまらないのは夫がつまらないせい」と決めつけず、賢い妻のテクニックで夫婦の会話をぜひ楽しんでくださいね。

【関連記事】





【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。