ぼろぼろの財布で危うく仕事を失うハメに!

「キミのような財布を使っている人に仕事は任せられない」

税理士で『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』(サンマーク出版)の著者でもある亀田潤一郎さんが駆け出しのころ、訪れた会社の社長に言われたのが冒頭の言葉でした。

「びっくりしました。たしかに当時私が使っていたのはビニール製の安物。しかもレシートや領収書などでパンパンに膨らみ、所々破れてさえいました。でもそこまで言われるとは……」

そこでその社長さんの財布を見せてもらうと、じつにきれいな革の長財布。以来、亀田さんは業績を上げている経営者の人たちの財布に興味を持ち、これまでに500人以上の財布を見てきたといいます。その結果、財をなしている人の財布には共通点があることが判明。

「まず一つが長財布であること。二つ目が余計なものが入っておらず、カードとお札だけですっきりとしていること。三つ目が新品同様に輝いていて財布に独特の力と輝きがあり、オーラのようなものがあること」

ちなみに、残念ながら貯まらない人の財布の例はこちら。
名刺や馬券などが一緒に

 

次のページは、これがお金が貯まる亀田さんの財布だ!です。

【関連記事をチェック】
お金持ちになれる財布と習慣10のルール
貧乏な人のボロボロの財布、お金持ちの長財布の法則
お金持ちの人は、お金と同様に時間を「先取り貯蓄」

取材・文/本間大樹 撮影/松本英明 監修/亀田潤一郎(税理士)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。