もしもの出費がせっかくの貯蓄を食いつぶしていく…

貯蓄の大敵は突発的な出費。

冠婚葬祭の祝儀や香典、車やマンションなどの修繕費、年1回の自動車税やまとめて払う保険料など、突発的にやってくる支出で、時には貯蓄を切り崩してしまうこともあります。

「この突発的な出費をできる限り最初から想定しておくことが大切。もしもの時に必要になるお金を紙に書き出してみましょう。その支出を織り込んだうえで、計画を立てる。上手に貯蓄している人は、もしもの出費を計算に入れているのです」
もしもの時の出費をメモしておく

 

次のページは、【法則7】「1万円しかない」ではなく「1万円もある」です。

取材・文/本間大樹 撮影/松本英明 監修/亀田潤一郎(税理士)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。