お金持ちの人ほど1円でも大切にする

新札を大切にするのもお金持ちの人に共通する特徴だとか。

「ある店のオーナーの財布には新札しか入っていません。『お釣りでしわくちゃのお札より、ピンとした新札を渡された方が気持ちいいでしょう』と。なるほど、そこまで相手の気持ちを考える人が経営するから、お店が繁盛するんだと納得しました」

小銭に対してもこだわりが。フチがギザギザの10円玉を見たことがありますか? 数は少ないのですが、持っていると金運がつくといわれています。

「押しも押されもしないようなある会社の経営者が、『亀田君、今日ギザ10が手に入ってね』と、まるで少年のように喜んでいるんです。金運云々というより、小銭にすら日々関心を向ける、その気持ちが大切なんです」

お金を大切にする姿勢が身についている。「そういう人は仕事も人間も足元を見て判断しない。だからこそ商売もうまくいくのです」
ギザ10で金運到来!年代別にコレクション

 

次のページは、【法則3】財布の中のお金の使い道は、3つに分類しようです。

取材・文/本間大樹 撮影/松本英明 監修/亀田潤一郎(税理士)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。