■素直に謝られたら許すべき?
undefined

落ち込んでいるだけでは何の解決にもなりません。この機会に恋人とじっくり向き合って。

恋人が「もうしない」と謝ったのであれば、1回は信じて許してあげるのも愛情のうち。しかし今回で2度目以上であれば、今後繰り返す可能性がないとはいえないかも。
「自分のところへ帰ってくればいい」と割り切る覚悟がなければ、浮気された側は傷つくだけ。まだ好きな気持ちが残っていても、今のまま恋人関係を続けていくことは考え直したほうがいいかもしれません。

■最後までシラを切る相手の心情は?
逆に、証拠があるにもかかわらず「誤解だよ」「ただの友達」だとシラを切り通されたならば、それ以上追及しないほうが賢明でしょう。
本当に誤解であれば信じてあげるのが愛情だし、誤魔化されているのだとしたら、その言葉の裏に隠された相手のあなたに対する気持ちを汲んであげるのも愛情です。

恋愛というパーソナルな関係において、正解はひとつではありません。白黒ハッキリさせればいいというものでもありません。
「事実と真実は違う」何を信じるかはあなたが決めればいいのです。

別れるつもりならともかく、関係を修復したい気持ちが心のどこかにまだあるのならば、本人に詰め寄り疑惑を確かめるのはリスクを伴います。
ひとつは、浮気が事実だった場合「バレた以上もうあなたとはつき合えない」と別れを切り出されるかもしれないこと。
もうひとつは、浮気が誤解だった場合「勝手に人の携帯電話を見るなんて」「信用してないのか」などと、あなたに幻滅してしまうこと。
正義を振りかざし相手を責めることは、決してプラスにはなりません。むしろマイナスになりかねないのです。

「そんなの納得できない」と傷ついたあなたは思うかもしれません。
怒ったり悲しく思うのも、恋人のことをまだ愛しているから。ならば、相手を責めるよりも自分の気持ちと向き合ってみるほうが、ふたりにとって幸せな結論が導き出せるのではないでしょうか。


<こちらもどうぞ>
浮気されないためには、どうすればいい?
男の浮気を見抜くポイント

<ガイドからお知らせ>
最新記事の更新他、ガイドの活動情報や告知は公式ブログをどうぞ!
Facebookファンページできました。「いいね!」をクリック!
Twitterもやっています。フォロー歓迎。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。