「浮気は甲斐性」などと言って開き直る男性は、ごくごく一部。浮気をしている男のほとんどは、いかに彼女や妻にバレないように隠し通すか、彼らなりに考えています。

しかし、彼らはエネルギーのほとんどを浮気相手のほうへ向けてしまうせいか、お粗末なほどその痕跡を残しまくっています。その兆候や証拠は、果たしてどのあたりに表れるのでしょうか?

外見に現われる浮気の痕跡

本命の彼女の持ち物があっても、平気で浮気相手を連れ込める神経の図太い男もいます。
■ネクタイや小物の好みが変わる
彼自身のファッションへのこだわり具合にもよりますが「好みが変わる」というアクションは、第三者の意見が反映していることがほとんどです。小物は特に女性からもプレゼントしやすいアイテムなだけに、彼の好みとは違うものを身につけていたら、怪しいかもしれません。

■靴に気を使うようになる
靴をやたらと新調したり、今まで気を使っていなかった革靴をよく磨くようになるといった変化が見られたら注意。心理学では、靴は性的なものを表すシンボルといわれています。彼は新しい出会いを求めているのかもしれません。

■下着・靴下・爪に注目
小物の中でも下着や靴下といった「普段他人には見られない」ところに気を使うようになったときは、新しい恋が芽生えている可能性が。あなた以外の女性に見られる機会を期待しているか、すでに見られる関係になっているのかも。急に深爪になるとか、お口周り(唇の荒れ、口臭や歯の衛生)に気を使うようになった場合も同様。

怪しい変化は、外見だけではありません。