画像の代替テキスト
「浮気は男の本能」ってわかっちゃいるけど、自分の彼に言われるとちょっとショック! ですよね。
「男は浮気する生き物である」とか、「浮気は男の本能だ」とか、まるで男の浮気=自然の摂理のように言われ続けている。

世の中の男全員が浮気しているとは思わないけれど、現実としての浮気はともかく、浮気心がない男は皆無といってもいいなと、30余年の人生で実感している。

たとえば、街で色っぽい女性にスレ違った時、飲み会で美しい女性と接近する機会があった時……etc。たとえ、間接的にでも女子のフェロモンに触れていると、男の人は、半ば、無意識のうちに浮気心がむくむくとふくらんでいるがみてとれる。スキあらば……というのが、多くの男性の本音だろうと思う。

中には、スキはなくとも浮気したい! という、常に浮気心が全開な病的なレベルの浮気男も決して少なくない(全男子の20%くらい?)。

浮気男は、おもに2種類に大別される

この病気レベルの浮気男は大別して2種類にわけられると思う。まずは、圧倒的に愛と自信が足りない男子。多くの男の人は自信がなくて終わりコンプレックスのかたまりだけれど、生い立ちやら過去の恋愛経験やら仕事の状態によって、愛情不足にも陥っていると、病的なほどの浮気心が育ってしまう。乾いた心を埋めようと、永遠に愛の旅人になっているように見えるのだ。

それから、圧倒的にエネルギーのある男も、そのエネルギーに比例して多くの女性を求めがち。昔でいう「英雄色を好む」という例だ。けれど、単なるエネルギー過多なだけでもなく、彼らもまた愛情不足とあいまって、浮気癖へとつながっている気がする。

結局、程度の差こそあれ、浮気男は愛に飢えている--ということなの? もちろん、それだけが原因ではないけれど。

と、男の心理を推測、分析してみるものの、浮気を許すか許さないかは、女性次第だと思う。感情の生き物である女にとっては、「1度の浮気だって許したくない!」のが本音。

でも、一方では、浮気を糧に愛を深める方法もあるにはあるということを覚えておきたい。

浮気はカップルや夫婦にとって、最大の危機。だからこそ、それを乗り越えれば愛の深みにまでたどりつけることがある。歴史に名を残しているベストカップルたちは、往々にして「浮気」を糧に愛を深めている人たちが多い。

次のページでは、そんなカップルたちの秘密を紹介します。