最近の男性は、告白どころか、まったくプロポーズしないという。プロポーズされなくて困っている女子は、昔からいたけれど、最近、ますます、増えているよう。

周囲にもいる。知人の35歳の同い年カップルは、付き合って3年目。傍目には、とても順調そうで、一般的には、そろそろ結婚のタイミングなのだけれど、なかなかその時が訪れない。と思っていたら、どうやら、男にその気が希薄そうなのだ。

結婚の押しがなくとも、出産の押し

出産願望

結婚して、というより、出産したい。でプレッシャーを掛け始めた女たち

ある時、そのカップルの男性のほう、Aくんの話を聞く機会があった。きっかけは、酒宴にて、彼がこぼしはじめたグチともジョークともつかないエピソード。

みんなが「なぜ、結婚しないのか?」と聞いたところ、最初は、何だかしどろもどろして適当にゴマかしていたのだけれど……「彼女からの押しはあからさまなんだけどねぇ…」とつぶやきだした。“押し”とは「結婚についての押し」ではなくて、「出産の押し」なのだという。

彼女は「結婚したい」とは決して言わないものの、「子供を早く生みたい」が最近の口癖なのだという。それだけではない。自らの排卵日を調べて、彼に告げる。その日は、「早く帰ってこい」としつこく言うのだと言う。ある時は、彼が深夜帰宅すると、机の上に『35歳の出産』という本が置いてあり、「これを読んでおいて」というメッセージが添えられていたこともあったという。本の帯には、“高齢出産の厳しい現実と対策”という文字。

その話を聞いた酒宴の男子たちは、彼女のあからさまな行動のエピソードに、みんな引きまくり。だけど、同じ女性としては、「引く」わけもないく……、別な考えが頭を巡った。