世界中が熱視線を送るコラボレーション

トム ブラウン

トム ブラウン初となるアイウエアコレクションのラインナップは多数揃っている Photo:石井幸久

昨今のアメトラ(アメリカントラッド)人気を牽引してきた代表的ブランドのひとつが「THOM BROWNE(トム ブラウン)」です。そのアイウエアが今シーズン、日本に上陸しました。グラマラスな世界観と綿密なクリエーションが、見事に表現されています。また、製作を手がけるのはLA発のアイウエアブランド「DITA(ディータ)」ということで、品質も折り紙付きです。

世界が注目するこのコラボは、2009年にフィレンツェのピッティ・ウォモで開催された「THOM BROWNE(トム ブラウン)」のショーが発端。そこで使用されたメガネを製作して以来、「DITA(ディータ)」がコレクション毎にランウェイ用のアイウエアを手がけ、アイコニックなイメージを打ち出してきたのです。その延長として、今回紹介するアイウエアコレクションが誕生しています。

デビューコレクションは、1940~60年代に活躍した建築家、政治家、アーティスト、インダストリアル・デザイナー、大学教授などからインスピレーション元。こだわりも顕著で、特別に選んだアセテートを採用したり、あらゆるパーツを0からデザインしたり、「THOM BROWNE(トム ブラウン)」の真髄とも言える意匠を取り入れたりしながら、今までにないアイウエアに落とし込んでいます。

今回は全19モデルのファーストコレクションから、特におすすめの5タイプをセレクト。


次のページから、その全貌を紹介します。