高橋教授

研究科長の高橋文郎教授

青山学院大学大学院のMBAコースについて、研究科長、在校生の方にお話を伺いました。

■青山学院大学大学院国際マネジメント研究科(青山MBA)研究科長の高橋文郎教授

昼夜開講と聞いていますが詳しく教えていただけますか?

1学年の定員は100名で、30名が昼間の授業が主体(Full-time MBA)、70名が仕事をしながら夜間の授業に通う学生(Flex-time MBA)。昼間の学生の10~15名が留学生で、国際色があるのが特徴です。平均年齢はFull-time MBAが20代、Flex-time MBAが30代中盤になっています。

学校の特徴は?

ビジネススクールというと戦略やマーケティングを学ぶイメージが強いかと思います。青山MBAでも、当然こうした科目は充実させています。それに加えて、社会的責任を果たす地球人を育成するとのミッションから、倫理やコンプライアンス科目を充実させ、学生に必須の知識として課しています。実際、青山学院はキリスト教教育をベースとしているため、倫理が必修科目であることは自然なのです。

グローバル人材育成についての取り組みは?

英語の青山の伝統からも充実させています。グローバル人材とは、

■英語力
■異文化理解
■ビジネス専門知識
■人を束ねるリーダーシップ
■人間性

を持つ人と定義し、この能力を育成しています。私たちのカリキュラムがグローバル・スタンダードに基づいているのも、グローバル化が進む中で企業経営をリードできる、上記のグローバル人材を養成したいからなのです。

例えば、英語力に関していえば、卒業生は全員TOEICで730点以上取得することを義務化しています。TOEIC試験対策の特別講座があり、卒業までにTOEIC730点が取れるように教育します。点数が730点に到達していないと卒業できないので、学生も真剣です。

また、私たちはTOEICの点数が高いだけでは、グローバル人材ではないと考えています。その先のコミュニケーション技術を、必修としている英語コミュニケーションの授業で行っています。