基本性能:新機構で従来の弱点を克服

紙パックの弱点だった吸引力の持続を、新しい機構設計で克服した技術力と発想は確か!

紙パックの弱点だった吸引力の持続を、新しい機構設計で克服した技術力と発想は確か!

紙パックが大きく広がることで、ゴミが溜まっても風の通りが悪くなりにくい上、内部のボックスに溝を設けて風を塞がない設計にするなど、紙パックでもいつまでも吸引力が続く新設計は、説得力があります。サイクロンでも新機構で勝負にでた三菱が、今度は紙パックでも話題を集めそうです。

 

メンテナンス:お手入れ手間軽減の配慮満載!

「毛がらみ除去機能」なら、ブラシに絡んだ髪の毛や糸くずが一発で取れる!

「毛がらみ除去機能」なら、ブラシに絡んだ髪の毛や糸くずが一発で取れる!

紙パックが大きく膨らむことで、ゴミ捨て回数が減ったのが最大のメリット。手間だけでなくコストも削減できます。また、サイクロン式「風神」から搭載されている、T時ノズルの「毛がらみ除去機能」も秀逸! チマチマと面倒だった掃除機の掃除も、かなり負担が減りますよ。

 

独自性:コンセプトが明確で個性を感じる開発力

紙パックを納めるスペースを大きく取った、独自の機構設計は、見た目にも個性的

紙パックを納めるスペースを大きく取った、独自の機構設計は、見た目にも個性的

静音性や軽量化を優先していたため犠牲になっていた、紙パックが膨らむスペースに着眼し、紙パックのムダを無くそうという発想が面白い。そのために、基本的な構造や機構から見直したこの製品からは、一貫したコンセプトと独自の開発力が感じられます。今後の製品にも期待します。

 

デザイン:余白を生かす「デコ提案」で楽しむ

本体の余白を生かしたデコ提案が楽しい!掃除が苦手でもこれならやる気が起きそう

本体の余白を生かしたデコ提案が楽しい!掃除が苦手でもこれならやる気が起きそう

紙パックスペースを大きく取るため、外観も従来の掃除機と雰囲気が異なり、何となく余白が多い印象ですが、レトロな感じが受けたのか、2011年のグッドデザイン賞を受賞。「キャンバスホワイト」という色名は、デコを意識したネーミングとのことで、説明会ではデコ提案も。

 

コストパフォーマンス:維持費も少なく、性能に見合った価格

サイクロンに比べると、単価が安い紙パックですが、紙パックの高級機種というジャンルを目指し登場した「雷神」。紙パックのコストが継続的にかかりますが、従来より交換回数も減っているので、この価格なら、性能に見合った価格と言えます。付属ノズルがもう少し多いとさらに◎。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。