追うより追われよう

undefined

束縛は恋人の愛情を遠ざけることになりかねません。執着を手放し興味の対象を分散して、心に余裕を。

愛を伝えるどころか逆効果になりかねない束縛。頭では理解しても自分を制御できなくなっている人もいるでしょう。

この矛盾から抜け出す最良の方法──それは追われる立場へとシフトすること。

相手の行動を気にして「なんで返事くれないの?」などと言及するような関係は、あなたが恋人を追っている状態です。
追えば逃げるは恋愛の原則。それではうまくいかなくて当然。
逆にあなたを追いかけてくるようになれば、逃げられる心配はなくなります。

束縛を生みだすのは、あなたの恋人への執着心。それを手放さない限り、あなたは苦しい思いを抱えることになります。
悪循環を脱するために、まずはあなたが追うのをやめること。そのエネルギーを他の対象へと向けること。

きついことを言いますが、相手の行動をいちいち気にするのは、あなたがヒマだからにすぎないのです。心の余裕はあったほうがいいですが、時間の余裕はありすぎないほうがいいのです。少なくとも余計なことを考えるスキを生まない程度に、他の楽しい対象を増やしてみましょう。

対象といっても(恋愛を前提とした)異性である必要はありません。犬や猫、打ち込める趣味やライフワークなど、やってみたいことは迷わず挑戦を。
すぐに思いつかないあなたは、恋人に惚れ直させることを目的とした「何か」にチャレンジしてみて。料理やダイエットや資格取得など、魅力アップのために身に付けたほうがいいスキルはいくらでもあるはず。

実際、自分にばかり気持ちを傾けていた恋人が急に自分以外の対象(異性に限らず)に興味を分散させるようになったら、相手は気楽になると同時に寂しく感じることでしょう。
今まで追っていたはずのあなたが恋人の一歩先に出て行けば、おのずと恋人はあなたを追うように変化するはず。それでもあなたを放置するような人とは、そのまま離れてしまえばいいのです。


<こちらもどうぞ>
「○○と私、どっちが大事?」を解決するには
恋を遠ざける「面倒な女」とは

<ガイドからお知らせ>
最新記事の更新他、ガイドの活動情報や告知は公式ブログをどうぞ!
Twitterもやっています。フォロー歓迎。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。