【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

束縛は愛情ではない

undefined

残業で疲れてるのに、帰宅が遅いだけで浮気を疑われて……もう疲れちゃうよ。

他人の心は誰にも縛ることはできません。頭ではわかっていても、親しい相手ほど自分の思い通りになって欲しいと期待してしまう。あるいは思い通りにならない相手に腹を立ててしまう……あなたも一度くらい、そんな経験ありませんか?

特に恋人に対しては、相手への興味も手伝い、四六時中どうしているか気になってしまうことも。
ではいったいなぜ、相手の行動がそんなに気になってしまうのでしょうか。

■浮気の心配
束縛する目的のほとんどは、相手の浮気を防止することではないでしょうか。
メールの返事が遅い、決まった曜日や時間にかかってくるはずの電話がかかってこない、あなたと一緒にいても楽しそうじゃない……「他に好きな人がいるのでは?」と疑心暗鬼になることで、相手の行動がすべて怪しく見えてしまうのです。

「私のこと放置しておきながらmixiにログインするなんて許せない」
「Twitterには残業とつぶやいていたけど、本当に会社にいるの?」
こんな風になってしまったら、もはやあなたはネットストーカー。かなり重症です。

■興味の低下
週末は、友達とテニスしたりセミナーに参加したり。恋人の自分とデートするのは平日の夜、ほんの数時間だけ。
「恋人とはいつでも会えるけど、イベントは融通が利かないから」とは恋人の言い分。
休日は誰にとっても限られた時間。とはいえあまりに頻繁だとしたら、恋人への興味が薄くなってしまったのかも。
イベントによっては、あなたを一緒につれていくという選択肢だってあるはず。呼ばない理由が納得いくものであればいいですが、そうでなければ関係の見直しを。

恋人との温度差から相手の愛情を確かめるために束縛する。一見正当な言い分のように思えますが、そこには肝心の「あなたの恋人に対する愛情」が抜けています。
愛することと信じることは同義です。相手を信用していたら、束縛しようとは思わないはず。

恋人はあなたの所有物ではありません。恋人に限らずどんなに親しい相手でも、相手の行動を必要以上に詮索したり行動の制限を強要する権利はないのです。
束縛される側にとっては、相手の不信感が透けて見え不快に感じるだけ。束縛は不毛な行為に過ぎないのです。