【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

復縁の可能性はある? 成功のカギは「別れた原因」にあり

復縁の可能性はある? カギは「別れた原因」にあり

彼との日々を、忘れるなんてできない。もう一度、あの時間を取り戻せたら……

恋人と別れてから数カ月。時間とともに傷が癒えるどころか、ますます元彼、あるいは元彼女への想いはつのるばかり。

「どうして別れてしまったんだろう。あんなに仲良しだったのに」……と後悔しても、もう後の祭り。覆水盆に返らず。2人が別れたという事実はなくなりません。

以前は愛し合っていた。だけど別れてしまった。今でも愛している元彼(元彼女)と、もう一度やりなおしたい。そんな「辛い未練」は、復縁を視野に入れた途端、未来への可能性へと気持ちを明るく変化させてくれます。いつまでもウジウジしているよりずっと、前向きでいいと思います。

しかし、一度は別れを決意するほど冷めた恋を再燃させて復縁するのは、容易なことではありません。同じ相手である以上、一時的にはまた接近できたとしても、再び別れたくなる可能性は十分にあります。

私の知る限り、どうやら復縁できるカップルには一定の法則があるようです。

【INDEX】
復縁したい側が振った場合の復縁方法
第三者が原因の場合の復縁方法
環境の変化が原因の場合の復縁方法
復縁の特効薬は「時間」
復縁を望んでいても、してはいけないこと
復縁の正しい捉え方
 

復縁したい側が振った場合の復縁方法:素直に復縁を切り出して元サヤに

復縁したい側が振った場合の復縁方法:素直に復縁を切り出して元サヤに

「別れて後悔してる、元に戻りたい」……素直な言葉で伝えるべき

振った側が「復縁したい」などというのは実に勝手な話。しかし、性格的に頭に血がのぼりやすかったり、後先考えず口を滑らせたりするタイプの人は、発作的に別れを切り出しがちです。別れた直後から「好きだけど振ってしまった、あんなこと言うんじゃなかった……」と後悔してしまうこともしばしば。

そもそも、お互い好きだけど衝動的に別れた2人。別れの理由もさほど深刻ではなかったはず。振られた相手も未練を残しているうちならば、振った相手のほうから「やっぱり……」と切り出せば、元のサヤに収まる可能性は高いでしょう。
 

第三者が原因の場合の復縁方法:原因を解消すれば復縁の可能性大、ただし浮気は例外

第三者が原因の場合の復縁方法:原因を解消すればOK、ただし浮気は例外

別れる必要がなくなれば、やり直すことは比較的たやすいでしょう。ただし浮気が原因の場合は別です

両親の反対など、当人同士は愛し合っているにもかかわらず別れを選択した場合、当の両親が懐柔するなど理由そのものが解消、つまり別れる必要がなくなれば、元通りおつき合いするのはたやすいでしょう。

浮気なども第三者の介入といえますが、この場合は浮気を「された側」の判断次第。浮気相手と別れて復縁したとしても、「心変わりされた」という傷が癒えるには時差があります。不信感が拭えないままつき合うのは、相手を苦しめるだけ。心から許せないうちは、復縁はしないほうがいいでしょう。
 

環境の変化が原因の場合の復縁方法:物理的な距離と心の落ち着き、両方の解決を

環境の変化が原因の場合の復縁方法:物理的な距離と心の落ち着き、両方の解決を

お互い新しい環境に慣れて一息つけば、向き合う余裕も出てくるもの

恋人の転勤などで遠距離恋愛になったのが破局の原因の場合、思い切って相手のもとへ引っ越す覚悟があれば、もう一度話し合う余地はありそう。

卒業・就職・転職といった生活の変化が2人の関係をギクシャクさせて別れに至った場合は、時間が解決してくれることも。当時は慣れない環境でストレスフルになったり、恋人の余裕のなさを理解できずに追いつめてしまったかもしれませんが、環境に慣れてしまえば、向き合う余裕も出てきます。

しかし、環境が要因でお別れするケースは、直接のきっかけは浮気や疑いなど別にある場合が少なくありません。いずれにしても復縁を望むのであれば、別れに至った事由を双方がすべて解消できる状態であることが肝要です。

別れた原因とは別に共通する、特効薬ともいえる「復縁の法則」があります。それはいったいどんなことでしょうか。
 

理由はなんであれ、「時間」は復縁の特効薬!

理由はなんであれ、「時間」は復縁の特効薬!

今でも別れた彼女のブログを見てしまう。落ち込んでいるらしい。励ましのメール、送ってみようかな……

どんな理由でお別れした2人にも、平等に時間は過ぎていきます。幸いなことに、人間の記憶というものは、時の経過とともに思い出を浄化する性質があります。

憎みあってお別れした2人でも、十年後に偶然再会してみれば、怒りがよみがえるよりも懐かしさがこみあげてくるでしょう。しかし、再会を懐かしむことと復縁は別。

人間は日々成長しています。大人になり体の成長は止まっても、内面は心がけ次第でいくらでも成長できます。別れた当時の未熟さも、その後の人生経験によって変化しているかもしれません。それは相手にも自分にもいえること。

恨みや憎しみの感情が消え、当時の「別れたいほど相手にうんざりした事由」を許せるほど互いが成長していれば、復縁の可能性もありうるでしょう。
 

いくら復縁を望んでいても、相手に執着したままではダメ

いくら復縁を望んでいても、相手に執着したままではダメ

復縁とは、恋人関係を「やり直す」ことではなく、「再び愛し合い、新たな縁を生み出す」こと

ただし、その境地に達するまでに必要な時間には個人差があります。「復縁したい」気持ちが持続されるのとどちらが早いかは、実際に経過してみなければわかりません。

いくら復縁を望んでいても、何年もの間ずっと待ち続けるのはおすすめしません。別れた後、2人は別々の人生を歩んでいるのです。元彼、あるいは元彼女に執着し、忍耐強く待ち続けている間は、いくら物理的に時間が過ぎようと、あなたの心は立ち止まったまま。それではたとえ復縁のチャンスがやってきても、うまくいく可能性は低いでしょう。
 

復縁とは「新たな縁を生み出す」こと

復縁とは「新たな縁を生み出す」こと

復縁とは、恋人関係を「やり直す」ことではなく、「新たな縁を生み出す」ことだと胸に刻んで

復縁とは、恋人関係を「やり直す」ことではありません。すでに互いの良いところも悪いところも深く知っている間柄の2人が、再び愛し合い、新たな縁を生み出すことなのです。復縁を望む人は、まずそのことを深く胸に刻んでおいて。

積み上げた過去は、なかったことにはできません。しかし過去を過去として「封印」することはできるはず。関係の変化にあわせて過去を上手にリセットできれば、新たな「2人の未来」を作っていけるかもしれません。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。