タバコ誤嚥とは

タバコ

タバコをそのままにしていませんか?

子供は身近なものを口に入れて、飲み込んでしまいます。急に行動範囲が拡がるハイハイ、つかまり立ちができた頃、生後8カ月頃から12カ月頃にタバコ誤嚥が多いと言われています。乳幼児だと、何でも口に入れてしまいますので、近くにタバコがあると食べたり、紙を外し、食べたのか遊んでいたのかわからないことが多いです。

タバコでも灰皿に水を張っていると、その水はニコチンが溶けているので、間違って、子供が飲むとニコチン中毒になる可能性が高くなりますので、要注意です。
子供のニコチンの致死量は15~20mgです。紙タバコ1本のニコチン量は10~20mgです。つまり、子供にとって、1/2本~1本食べると危険です。それ以内なら、危険性は少なくなります。

タバコ誤嚥の症状

タバコ誤嚥の症状は、ニコチン中毒の症状です。
  • 嘔吐
  • めまい
  • 腹痛
  • 顔色が悪い顔面蒼白
  • 痙攣(けいれん)
などです。

タバコ誤嚥の治療

誤嚥した量が少ない場合は、そのまま様子観察です。1/2本~1本までなら、致死的になりませんので、そのまま様子を見て大丈夫と考えられています。タバコを1/2本以上で30分以内に医療機関に受診した場合は、胃洗浄を行います。胃洗浄は、鼻または口から、太めのチューブを入れて、チューブの先を胃に到達させます。体温ほど温めた生理食塩水を入れて、入れた生理食塩水を吸引します。そのことで、胃の中のものを取り除くことができます。

本人にとっては、苦痛ですので、胃洗浄にならないように予防することが大切です。タバコを1/2本以上を食べることは、ニオイもあり、吐き気ももよおすため、実際は難しく、多くは胃洗浄しなくても大丈夫の可能性が高いのです。しかし、実際の量が不明ですと、30分以内に処置可能なら胃洗浄が1つの治療になります。

胃洗浄も、気管支に吐物が入る可能性などもあって、絶対に安全と言えません。

誤嚥してから30分以上経つと、胃の中にはタバコは無く、小腸に流れてしまいますので、胃洗浄を行わないことがあります。

タバコ誤嚥の予防

禁煙

母親の喫煙は胎児に様々な悪影響を起こします

家庭内にタバコが無いと、タバコ誤嚥は起こりません。つまり、小さい子供の居る家庭では、禁煙をお勧めします。

子供へのタバコの影響は甚大です。親が喫煙すると、その子供の喘息危険率が20%増加し、喘鳴を起こす危険率は40%も増加します(Cookらの報告 1997)。妊娠中と生後1歳までの母親が喫煙することで、子供の喘息発症率が何と2倍になります(Beckerらの報告 2004)。

以上の報告からみても、子供の喘息を防ぐためには禁煙しましょう。

妊娠中の喫煙も、胎児の肺の発達に悪影響を及ぼし、早産、低出生体重児の原因にもなります。

子供にとって、タバコは誤嚥を含めて、害はあっても益はないのです。

自分の健康のため、子供のために、禁煙しましょう。

禁煙の方法は
禁煙しましょう

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項