熱中症の仕組みと予防法

水を飲む女性

屋外はもちろん、車内や屋内でも注意が必要な熱中症。熱中症予防のためには、適切な水分補給が欠かせません

熱中症が起きるような状態で大量に発汗すると、体内からは水分だけでなく、大量のミネラル、特に塩化ナトリウム(塩分)が失われてしまいます。塩化ナトリウムが失われることで循環血液量が減少し、末梢に行く血液量が減少してしまうため、体温を下げにくくなってしまうのです。熱中症になると、体に熱がたまった状態で循環不全になるため、重度の場合は死亡してしまうケースもあります。

大量に発汗することが予想される場合には、塩分を含む飲み物が脱水症の予防に有効です。この時の塩分、塩化ナトリウムの濃度は生理食塩水の濃度よりは低い濃度で良いとされています。生理食塩水の濃度は、現在の海水の1/3程度に相当する約0.9%。人間の体液、血液のミネラルの組成割合は海水に似ているのです。

「ブドウ糖」が塩分の吸収を助ける?

水は胃では吸収されずに腸で吸収されます。小腸でのナトリウムの吸収は、ブドウ糖と同じ経路で行われます。ブドウ糖があるとナトリウムの吸収が速く行われる事になります。コレラなどの治療にも用いる経口補水液では、ナトリウムが吸収され易いように成分にブドウ糖を加えてあります。

それでは次に、冷蔵庫にあるもので手軽に作れる経口補水液をご紹介しましょう。