コーヒー&サーフ、その必然性は? 

代々木上原の公園に面した一角にLittle Nap COFFEE STAND(リトルナップ・コーヒースタンド)という小さくてとびきり粋なコーヒースタンドが今春オープンしたことは、カフェ好きの方々ならきっとご存じでしょう。

そこでラテを立ち飲みしつつ、オーナーバリスタ濱田さんに「いま、湘南のサーフショップの中にコーヒースタンドをつくっている」という話を聞いたことがあります。

2011年10月、阪急メンズ・トーキョーの6階に誕生。

2011年10月、阪急メンズ・トーキョーの6階に誕生したBrooklyn Roasters Company。

先日再びLittle Napを訪れた折に、その湘南のお店のポストカードを見せていただきました。And Grails(アンドグレイルス)。並んだサーフボードの前に、アメリカの古いダイナーっぽい赤い椅子。

And Grailsが扱うのは手作り、ヴィンテージ、オリジナリティーのある大切なモノたちばかりで、濱田さんはそのコンセプトに共感してコーヒースタンド作りに協力。2011年10月に完成したスタンドは「The Coffee Stand by AG」と名づけられました。

銀座のデパートでサーフボード!

銀座のデパートでサーフボード!

いっぽう、下北沢のBear Pond Espressoのオーナーバリスタ田中さんは高校時代からサーフィンが趣味。スタッフも全員サーフィン好きで、休日には海へ。
「ベアポンドでチャンピオンシップといったら、バリスタチャンピオンシップじゃなくてサーフィン大会!」と田中さんは笑います。

サーフィンとコーヒーにはなにやら不思議な関係があるらしい。そんなことを考えていたら、2011年10月にリニューアルオープンした阪急MEN'S TOKYOの6階に、サーフカフェ「Brooklyn Roasting Company」が誕生しました。

壁にはプロジェクターでサーフムービーが映されていました。

壁にはプロジェクターでサーフムービーが映されていました。

銀座の高級デパートにサーフショップという異色の組み合わせ、そしてカフェ。いったいなぜ?と面白がっていたら、Brooklyn Roasting Companyを手がけ、自身もサーファーである岸田氏が素敵な答を教えてくれました。

ニューヨークの新世代・都市型サーフィンを東京で